編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

大塚商会とNEC、中堅中小企業向けにAI予測分析ソフトを提供開始

NO BUDGET

2021-11-02 14:28

 大塚商会とNEC、dotDataは、人工知能(AI)ソフトウェア「dotData」について中堅・中小企業向けに価格・構成を抑えた「dotData Lite」を開発し、大塚商会が販売を開始した。先行販売する「大塚商会dotData AI分析サービス」を含め、2022年末までに100セットの販売を見込む。

 dotDataはAIを活用して予測分析プロセス全体を自動化するソフトウェア。国内ではNECがdotDataから同ソフトウェアの独占販売権を取得し、2018年の提供開始以来、企業内に蓄積されるビッグデータを活用した課題解決を加速してきたという。

 3社では、dotDataを活用して大塚商会が顧客の各種経営指標を分析する「大塚商会dotData AI分析サービス」を共同開発し、6月から提供している。

サービス提供イメージ
サービス提供イメージ

 今回データ活用のプロセスを内製化したいといった企業からの要望を受け、中堅・中小企業や、分析対象が小規模の部署単位で自らデータ分析を行える「dotData Lite」を開発した。この製品は、最小5ノード構成の「dotData Enterprise」に対し、保有するデータ量が少ない企業向けに1ノード構成となっているため、低コストで利用できる。

 税別利用価格は月額35万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]