調査

従業員の70%はAIに仕事を任せることに前向き--マイクロソフト調査

Sabrina Ortiz (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-05-10 11:17

 「ChatGPT」が2022年11月に公開されたことで、人工知能(AI)モデルの著しい進化に大きな注目が集まった。テキストやコードを記述したり、事業運営を効率化したりする能力を持つAIチャットボットが人間の職務を果たせることは間違いない。

荷物をピックアップするロボット
提供:Yuichiro Chino/Getty Images

 AIチャットボットが目を見張る能力を有するようになった結果、AIによって人間の職が奪われるという懸念も出てきた。しかし、最近公開されたレポートによると、人々はAIに職を奪われるという懸念を抱くのではなく、AIが人に代わって仕事をこなすようになることを歓迎しているという。

 Microsoftの年次レポート「2023 Work Trend Index」(2023年版業務トレンドインデックス)では、AIが業務に与える影響を理解するために、31カ国の3万1000人を対象とした調査の結果を記すとともに、「Mirosoft 365」の生産性に関する兆候と、LinkedInの「Economic Graph」による仕事のトレンドを分析している。

 この調査によると、AIによって仕事が奪われるという恐れを抱いている回答者は49%いた一方で、自らの作業量を減らすためにできる限りAIに仕事を任せたいとした回答は70%に上った。

 組織心理学の教授であり、著作家でもあるAdam Grant氏は同レポートに、「人々はAIについて、自らの仕事を奪う存在だと憂慮するのではなく、燃え尽き症候群から自らを救ってくれる存在だと歓迎している点は非常に興味深い」と記している。

 こうした従業員らは管理業務(76%)や分析業務(79%)、創作業務(73%)、適切な情報の検索(86%)、会議やアクションアイテムのまとめ(80%)、日々の計画立案(77%)といったさまざまな作業全般でAIによる支援を前向きに考えている。

 同レポートは、リーダーが人員削減という観点からAIをどのように捉えているのかについても評価している。

 職場においてAIが最も大きな価値を生み出す点は何かという質問で、人員削減と回答したリーダーはわずか16%であり、従業員の生産性向上とした回答者はほぼ倍の31%となっている。

AIが最も大きな価値を生み出す点は何かという質問に対する回答の円グラフ
提供:Microsoft

 この調査結果は、AIが急速に発展する世界において、雇用不安をめぐる摩擦の緩和に役立つかもしれない。

 とは言うものの、AIは気候変動よりも深刻な問題だとする専門家もおり、AIの利用がもたらす潜在的リスクは依然として残っている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]