日本のIoT市場規模、2027年に8.7兆円に--IDC予想

ZDNET Japan Staff

2023-06-07 16:51

 IT調査会社のIDC Japanは、国内IoT市場調査の結果を発表した。2022年の支出実績は5兆8177億円、2022~2027年の年間平均成長率(CAGR)を8.5%、2027年には8兆7461億円に達すると予測している。

 技術グループ別のCAGRは、ハードウェアが5.9%、通信サービスなどのコネクティビティーが4.6%、ソフトウェアが11.8%、導入や運用などのサービスが10.9%になると予測する。ソフトウェアは、製造/資源分野で既存のオンプレミスで運用するIoTの利用環境のクラウド移行と、新規のIoTクラウドプラットフォームの導入が増加しているほか、流通/サービス分野ではIoTシステム上において、在庫管理の最適化や顧客の購買行動の分析を目的としたアナリティクスソフトウェアへの支出が加速していくという。

国内IoT市場 技術別の支出額規模予測と支出額割合、2022年と2027年の比較(出典:IDC Japan)
国内IoT市場 技術別の支出額規模予測と支出額割合、2022年と2027年の比較(出典:IDC Japan)

 産業分野別の支出額は、組立製造と官公庁、プロセス製造が多く、組立製造とプロセス製造では、ITベンダー中心でIoT用途のソフトウェア群が共通基盤化され、製造向け産業特化型IoTプラットフォームやソリューションの提供事例が増加しているとした。

 さらに、標準規格や連携基盤が普及し、産業IoT分野の課題であるメーカー固有機器/システム間のデータ連携の困難さが緩和していくことから、製造向けIoTソリューションの選択肢が多様化し、製造企業ユーザーが工場内の業務効率化やコストの削減を容易に実現する環境が整い、組立製造、プロセス製造でのユーザー支出額が今後も大きく成長するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]