LinkedIn、生成AIを搭載した広告作成支援機能「Copy Suggestions」を導入

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-06-09 10:06

 LinkedInはこれまで、人工知能(AI)を活用した、プロフィール欄の「自己紹介」や「LinkedIn Recruiter」のメッセージの作成支援機能など、AIをいち早く導入してきた。

Copy Suggestions機能の画面
提供:LinkedIn

 そして同社は米国時間6月7日、OpenAIの高度な「GPT」モデルを搭載した生成AIによるコピー文提案機能「Copy Suggestions」を発表した

 このツールは、「LinkedIn Page」のデータと、「キャンペーンマネージャー」の設定内容を利用して、広告キャンペーン用の見出しとコピー文を5種類提案する。ユーザーはそこから選択して、好みに合わせて微調整できる。

 このツールはキャンペーンマネージャー内で利用できる。キャンペーンマネージャーには、サイト全体でさまざまな広告を展開するための各種マーケティングツールがそろっている。

 Salesforceが行った最近の調査によると、マーケティング担当者は生成型AIを活用することで、1週間で5時間以上、1年で1カ月以上に相当する時間を節約できるという。

 このLinkedInの新機能により、マーケティング担当者は日々の業務負担を軽減し、より重要なタスクに専念できるようになるかもしれない。

 現在この機能は、北米の一部の顧客を対象に、英語で試験的に提供されている。同社は今後数カ月間で機能を強化し、対象言語とエリアを拡大する計画だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]