編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

マイクロソフト傘下LinkedIn、イスラエルのマーケティング分析企業Oribiを買収へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-03-01 11:58

 Microsoft傘下のLinkedInは米国時間2月28日、マーケティング分析を手がけるイスラエルの新興企業Oribiを買収することで合意したと発表した。買収金額は明らかにされていない。OribiのテクノロジーをLinkedInのマーケティングソリューションプラットフォームで活用する計画だ。

 LinkedInのマーケティングブログで、「Oribiのテクノロジーをわれわれのマーケティングソリューションプラットフォームに統合することで、顧客は強化されたキャンペーン属性を活用し、広告戦略のROI(投資対効果)を最適化できるようになる。つまり、顧客は自動化されたタグや、コードフリーテクノロジーを用いて、ウェブサイトのコンバージョンを今までよりも容易に測定できるようになるほか、より手応えのあるオーディエンスを構築できるようになる。これらすべてを、プライバシーファーストなかたちで設計に組み込む」と説明されている。

 買収契約の一環として、同社はイスラエルのテルアビブにLinkedInのオフィスを開設する計画だ。

 同社はOribiの買収が完了した後も、「会員や顧客がわれわれと共有することを選択したデータについて、彼らが厳格に管理」できるようにする計画だとしている。

 TechCrunchは、情報筋によると、MicrosoftはOribiに8000万~9000万ドル(約92億~103億円)を支払ったと報じている。Oribiの主な競合サービスの1つは「Google Analytics」だ。

 Microsoftは2016年にLinkedInを262億ドルで買収した。2021年には、LinkedInの年間売上高が10億ドル(約1100億円)を上回ったことを明らかにしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]