編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マイクロソフトによる10の大型買収--その軌跡を振り返る

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2016-08-20 06:00

 Microsoftは潤沢な資金力があることで知られているが、6月にソーシャルネットワーキングサイトのLinkedInを262億ドルで買収することを発表し、そのことを証明した形になった。

 LinkedInのほかにも、Microsoftはこれまでにいくつもの大規模な買収劇を繰り広げてきた。買収した企業は、コミュニケーションプラットフォームのSkype(85億ドル)からNokiaの携帯電話事業(72億ドル)まで多岐にわたる。

 Microsoftが行ってきた10件の大型買収を振り返る。

LinkedIn:262億ドル

 プロフェッショナル人材やリクルーターなどLinkedInのデータを手に入れることがMicrosoftの狙いだというのが大方の見方だ。こうしたデータは、Microsoftが独自に持つ電子メールやカレンダーなどのユーザー情報を補完するものとなる。

 この買収によって、アプリやサービスから得られたビジネスユーザーのプロフィール情報の統合が促されるだろう。Microsoftは、「Dynamics CRM」の優れた見込み客や既存顧客の情報を売りにしており、「Office 365」「Dynamics CRM」「Dynamics ERP」のナレッジマネジメント機能を向上させてきた。

 Microsoftは潤沢な資金力があることで知られているが、6月にソーシャルネットワーキングサイトのLinkedInを262億ドルで買収することを発表し、そのことを証明した形になった。

 LinkedInのほかにも、Microsoftはこれまでにいくつもの大規模な買収劇を繰り広げてきた。買収した企業は、コミュニケーションプラットフォームのSkype(85億ドル)からNokiaの携帯電話事業(72億ドル)まで多岐にわたる。

 Microsoftが行ってきた10件の大型買収を振り返る。

LinkedIn:262億ドル

 プロフェッショナル人材やリクルーターなどLinkedInのデータを手に入れることがMicrosoftの狙いだというのが大方の見方だ。こうしたデータは、Microsoftが独自に持つ電子メールやカレンダーなどのユーザー情報を補完するものとなる。

 この買収によって、アプリやサービスから得られたビジネスユーザーのプロフィール情報の統合が促されるだろう。Microsoftは、「Dynamics CRM」の優れた見込み客や既存顧客の情報を売りにしており、「Office 365」「Dynamics CRM」「Dynamics ERP」のナレッジマネジメント機能を向上させてきた。

提供:Microsoft

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]