NEC、デジタル定着化ツールでSAP AribaとSalesforceの操作問い合わせを75%削減

ZDNET Japan Staff

2023-06-16 06:00

 NECは、購買・調達の「SAP Ariba」と顧客管理(CRM)の「Salesforce」の両システムを円滑に操作するためのナビゲーション方法として、デジタル定着化ツールの「WalkMe」を導入した。WalkMeが発表した。

 WalkMeによると、NECではSAP AribaとSalesforceの操作の難易度が高く、活用が想定どおりに進んでいなかったという。このためWalkMeを用いて、両システムの正しい操作のナビゲーションやガイダンスを従業員に提供するようにした。マニュアルが無くても迷わず操作できるように入力を指示したり注意事項を画面上に表示したりするほか、指定以外の操作を無効にして誤操作を防止したり、一部操作をWalkMeで自動的に補助したりしている。

 WalkMe導入以前は、SAP AribaとSalesforceの申請全体の約10%について利用者から問い合わせが寄せられ、対応がシステム運用者の大きな負担になっていた。導入後には、これが75%減少したとのこと。さらに、申請全体の20%以上で不備による差し戻しが発生していたが、導入後には差し戻し件数が約70%減少した。

 NECは、2025年度目標の中期経営計画で社内外にわたるDX施策を推進しており、WalkMeの利用は、社内DX施策の一部になるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]