マイクロソフト、日本での生成AI開発を推進するプログラムを発表

國谷武史 (編集部)

2023-06-27 13:42

 日本マイクロソフトは6月27日、国内開発者向けのイベント「Microsoft Build Japan」で、生成AI開発を推進するための新たな共創プログラムなどを発表した。世界で5カ所目となる共創施設「Microsoft AI Co-Innovation Labs」を秋に開設するほか、「Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ」と、これを展開する「Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ 賛同パートナー」プログラムを7月4日に開始する。

「Microsoft AI Co-Innovation Labs」の概要
「Microsoft AI Co-Innovation Labs」の概要

 Microsoft AI Co-Innovation Labsは、企業がマイクロソフトとシステムやサービスにAIおよびIoTを組み込み開発していくための共創施設で、既に米国本社のあるレドモンド、ドイツ・ミュンヘン、中国・上海、ウルグアイに設置済み。日本は5カ所目で秋に設置する。イベントの基調講演に登壇した執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長の岡嵜禎氏は、「パートナーが自社の製品やサービスにAIとIoTを実装する先進的な取り組みの場になる」とアピールした。既に顧客との関係構築例は700件以上あり、拠点には20人以上のエンジニアが在籍することになるという。

「Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ」の概要
「Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ」の概要

 またAzure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャは、同社が提携するOpenAIの大規模言語モデルや生成AIなどを「Azure」で提供する「Azure OpenAI Service」を用途に合わせて利用するための参考資料になり、7月4日に国内向けとして公開する。岡嵜氏は、「目的に応じた生成AIの利用を簡単かつすぐに始めるための支援になる」と説明した。

Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ 賛同パートナー」プログラムの概要
Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ 賛同パートナー」プログラムの概要

 この資料は、「Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ 賛同パートナー」プログラムを通じて今後継続的に改訂していくといい、賛同パートナーを7月4日から募集する。既に45社が賛同を表明し、各社でもAzure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャを生かしたソリューションサービスを展開していくとしている。

Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ 賛同パートナー」に賛同済みの45社
Azure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャ 賛同パートナー」に賛同済みの45社

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]