「ChatGPT Plus」のウェブブラウジング機能、いったん停止に

ZDNET Japan Staff

2023-07-05 12:30

 「ChatGPT」を提供するOpenAIは米国時間7月3日、有料版の「ChatGPT Plus」でベータ版として提供しているウェブブラウジング機能「Browse with Bing」を一時的に無効化したと発表した。同社の意図に反する形でコンテンツが表示されてしまう場合があることが分かったためだという。

「ChatGPT」の文字とOpenAIのロゴ
提供:NurPhoto/Getty Images

 例えば、「ユーザーが明示的にあるURLの全文テキストを求めた場合、その要求が満たされてしまうことがある」という。

 Windows Centralによると、Redditでは一部のユーザーが、有料ウェブサイトのサブスクリプションに加入せずにChatGPTを使ってコンテンツを閲覧する方法についてやり取りしているという。

 OpenAIは発表の中で以下のように述べた。「ベータ版のBrowse with Bing機能の提供は慎重を期して、コンテンツ所有者に迷惑をかけないようにするための修正が完了するまでの間、2023年7月3日をもって一時的に停止します。ベータ版の提供をできる限り早く再開するための作業に取り組んでいるので、ご理解のほどよろしくお願いします」

 この機能がいつ復旧するかは明らかにされていない。

 MicrosoftはChatGPTに「Bing」検索のエンジンを統合することで、検索エクスペリエンスが向上するとしていた。ChatGPTは2021年9月までの情報で訓練されているため、それ以降の情報については回答できないが、この統合によって新たな情報にも対応できるようになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]