「iOS 16.5.1(a)」リリース、緊急セキュリティ対応で

Zachary McAuliffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-07-11 11:28

 Appleは米国時間7月10日、「iPhone」のOSへの「緊急セキュリティ対応」として「iOS 16.5.1(a)」をリリースした。このアップデートは同社によると、既に悪用されている可能性のあるセキュリティ問題に対処するものだという。

iPhone
提供:James Martin/CNET

 このアップデートをダウンロードするには、「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」で「ダウンロードしてインストール」をタップした後、画面の指示に従う。

 Appleは、今回の緊急セキュリティ対応によって、「iOS」上の「Safari」やサードパーティー製のブラウザーが利用しているブラウザーエンジン「WebKit」に含まれている脆弱性が修正されるとしている。この脆弱性が悪用されると、任意のコードの実行につながる恐れがある。ITサービス企業のOktaによると、その場合には第三者によるユーザーデータの窃取をはじめとする悪質な目的でのユーザーデバイスのハッキングが可能になるという。

 「iOS 17」の初回パブリックベータ版は、7月中にリリースされる見込みだ。Appleは同社の年次開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)23」でiOS 17を発表した後、開発者向けのベータ版を提供している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]