GitHub、GitHub.comへのアクセスでパスキーを導入--パブリックベータ版を提供

河部恭紀 (編集部)

2023-07-13 14:41

 GitHubは米国時間7月12日、GitHub.comでのシームレスでセキュアなアクセスに向けてパスキー認証のパブリックベータ版を導入したと発表した

 多くのセキュリティ侵害で原因となるのは、ゼロデイ攻撃といった特殊な状況ではなく、むしろ低コストな攻撃だとGitHubは述べる。それらにはソーシャルエンジニアリングや認証情報の盗難・漏えいが含まれ、被害者のアカウントや利用可能なリソースへの幅広いアクセスを攻撃者に与えるという。

 同社は、全ての開発者が強固なアカウントセキュリティを採用できるよう支援を約束しており、その一環として、2要素認証(2FA)有効化を2023年末までに義務付けることを2022年5月に発表しており、2FA有効化に向けた呼びかけを2023年3月に開始した。そして、今回、パスキーのパブリックベータ版導入を発表した。

 GitHubアカウントでパスキーを使うには、画面左上から「Settings」サイドバーを開き、「Feature Preview」をクリックする。「Passkeys」タブで「Enable」をクリックする。パスキーを有効にすると、セキュリティキーをパスキーにアップグレードしたり、新しいパスキーを登録したりできるようになる。

 パスキーがサポートされている最新のデバイスでは、パスキーの設定が指示される。機能プレビューの場合、サインイン時にブラウザーでパスキーの設定ができるかが確認される。そして、デバイスにパスキーをまだ設定していない場合、設定するよう求められる。

 パスキーは、従来のセキュリティキーの仕組みをベースに構築され、より容易な設定と強化された復旧性を加えるとGitHub。セキュアでプライバシーが保護され、使用が簡単な方法によりアカウントを保護する一方で、アカウントロックアウトのリスクを最小限に抑える。パスキーは、パスワードレス認証というビジョンをより実現に近づけ、パスワードベースの侵害を根絶するのに役立つと同社は説明する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]