海外コメンタリー

ビジネスリーダーに聞く、IT業界に女性を増やす5つの方法

Mark Samuels (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-07-27 06:45

 従業員の多様性によって得られるメリットについて語る経営者は多いが、IT業界の男女比を同等に近づける取り組みは、遅々として進んでいない。

働く女性
提供:Getty Images/10'000 Hours

 調査によれば、米国のコンピューター関係や数学関係の仕事に就いてる女性はわずか28%であり、IT業界の経営層における女性比率は20%未満だという。

 では、ITの仕事に就く女性を増やすにはどうしたらいいのだろうか。この記事では、5人のビジネスリーダーに、多様性を高めるための秘訣を聞いた。

1.厳しいアプローチを取る

 コンサルティング会社KPMGのグローバル最高デジタル責任者を務めるLisa Heneghan氏は、IT業界により多くの女性を引き込むこと呼びかけており、同社の「IT's Her Future」と呼ばれる取り組みを支援している。

 Heneghan氏は幹部職に女性を増やす活動に力を入れているが、IT業界全体がもっと努力すべきだと述べている。

 「私はやはり、多様性は大きな問題だと考えている。私たちは、まだあるべき状態にたどり着けていない。性別の多様性を後押しする活動が十分でないだけでなく、ニューロダイバーシティー人材や、より幅広い属性の人々を呼び込む取り組みも十分ではない」

 Heneghan氏は、現代企業には積極的にコミュニケーションを行う人々が必要であり、経営幹部には労働力の多様化を後押しする取り組みを進める責任があると主張した。

 「IT's Her Futureは、英国でKPMGの目標を達成するのに役立っている。私たちはこの取り組みによって、この5年間で大きく変わり、より多くの多様な属性を持った人々の入社や昇進を支援するようになった」と同氏は言う。

 「私はこの取り組みをグローバルに展開しようとしているが、誰もが、多様性を高めるために、日常的に挑戦的な取り組みをしていく必要がある。私は、誰もが、容赦のない厳しい考え方でこの問題に接していくべきだと考えている」

2.人を型にはめない

 F1レースのコンストラクターAston Martin Aramco Cognizant Formula Oneの最高情報責任者(CIO)Clare Lansley氏は、IT業界の多様性についてはもっとできることがあると述べた。

 「業界が良い方向に変わっているかと聞かれれば、私の答えは『ノー』だ。私が最後に見たときには、女性の採用は前進するどころか後退しており、特に幹部職を増やすことについてはその傾向が強かった。状況が改善しているとは思っていない」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]