IIJ、散在データをマスターデータなどに統合できるクラウド新機能

ZDNET Japan Staff

2023-08-03 13:24

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月3日、オンプレミスやクラウドのデータを連携する「IIJクラウドデータプラットフォームサービス」で新たに「データベース:PostgreSQL メニュー」を提供すると発表した。各所に散在するシステムなどのデータを1つのデータベースに統合、加工できるようになる。

 IIJクラウドデータプラットフォームサービスは、アダプターなどを介してオンプレミスとクラウド間でデータを連携するインテグレーションプラットフォーム・アズ・ア・サービス(iPaaS)として、2022年12月から提供されている。

利用イメージ
利用イメージ

 新たに提供する「データベース機能」では、散在するデータの統合作業で一時的に必要になる個別のデータ蓄積用データベースが不要になる。これにより、同機能自体で複数システム間のデータ連携における中間データベースの役割を担ったり、あるいは複数のマスターデータを集約・統合して各種システムから参照する統合マスターとして活用したりできるという。

 新メニューはオプションになり、利用価格(税別月額)は「4vCPU/6GBメモリ/500GBストレージ」が4万7000円などとなっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]