AWS、「HashiCorp Terraform Cloud」をService Catalogでサポート

河部恭紀 (編集部)

2023-08-14 13:55

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間8月10日、「HashiCorp Terraform Cloud」の「AWS Service Catalog」サポートを発表した

 これにより、Terraform Cloud利用企業は、ガバナンスを備えたセルフサービスプロビジョニングを自社チームに提供できる。AWSユーザーは、Terraform構成をAWS内で大規模に整理、管理、展開することがService Catalogを単一のツールとして使用することで可能になる。Service Catalogの主要機能である標準化・事前承認されたInfrastructure as Code(IaC)テンプレートのカタログ化、アクセス制御、最小特権アクセスによるクラウドリソースプロビジョニング、バージョン管理、多数のAWSアカウントへの共有、タグ付けなどを利用できる。エンジニア、データベース管理者、データサイエンティストといったユーザーは、アクセス可能な製品やバージョンのリストを確認し、わずかなアクションでデプロイが可能になる。

 利用の開始には、HashiCorpが提供するTerraform Cloudリファレンスエンジンを「GitHub」上で使用する。同エンジンは、Terraform CloudエンジンがAWS Service Catalogで機能するのに必要なコードとインフラストラクチャーを設定する。この設定が必要なのは一度だけで、わずかな時間で完了できる。設定後、ユーザーは、Terraform Cloud製品の作成・管理や自身の全アカウントのエンドユーザーとの共有が可能になる。

 同機能は、AWS GovCloud(米国)、中国(北京、Sinnet運営)、中国(寧夏、NWCD運営)など、AWS Service Catalogが利用可能なAWSの全リージョンでAWS Service Catalogコンソールから利用できる。

 AWSは4月、オープンソース版TerraformのService Catalogサポートを発表していた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]