井村屋グループ、社内のコミュニケーション基盤を「Zoom」に集約

NO BUDGET

2023-08-23 08:07

 食品企業の井村屋グループは、ビデオ会議サービス「Zoom」をはじめとするソリューションの導入で社内のコミュニケーション基盤を統合し、Unified Communications as a Service(UCaaS)の実現に向けて取り組みを強化している。ZVC JAPANが8月21日に発表した。

 現在はグループ全体で800人ほどがZoomを活用。採用面接、社内研修、リモートでの工場見学、情報共有・改善のための打ち合わせ、ウェビナーでの情報発信など、さまざまなシーンで使われている。

 井村屋グループでは2018年ごろから「Zoom Meetings」の活用を始めている。2020年には電話交換機(PBX)の更新をきっかけに、年間数千万円単位のコストが発生していた従来の環境から、クラウドPBXの「Zoom Phone」に切り替えた。これにより工事費や維持費を削減し、社外にいても会社の電話に対応できる環境を整えた。同年には社内のチャットツールも「Zoom Team Chat」に切り替えた。

 同グループでは、こうした取り組みが社内のコミュニケーション基盤を統合するための UCaaSとして展開されていくことになったとしている。

 今後はさらなるコミュニケーション基盤の統合に向けて「Zoom Mail」や「Zoom Calendar」など既出のサービスに加え、今後発表される新たなソリューションも活用していく方針だ。また議事録や翻訳といった別サービスを利用している領域においてもZoomに一本化できることを期待しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]