多くの企業がハイブリッドワークを受け入れ、未来の働き方を再考する機会が到来--ガートナー

ZDNET Japan Staff

2023-08-28 12:47

 ガートナージャパンは8月28日、「日本におけるデジタル・ワークプレース・イノベーションのハイプ・サイクル:2023年」を発表した。

 同社は、デジタルワークプレースを「いつでもどこでも柔軟に働き、テクノロジーで仕事の質や生産性、俊敏性を高めるデジタルな仕事空間」と定義。単なるデジタル化と異なり、人や組織の在り方も含めた企業の成長戦略の一環として実現されるものだと説明する。

 ディレクター アナリストの針生恵理氏は「多くの企業では、日常的なハイブリッドワークを受け入れつつ、さらに進んだ未来の働き方を再考する機会が到来している。企業は、今後のデジタルワークプレース戦略の中で、柔軟なワークスタイルを実現し、革新的なテクノロジーを取り入れながら、従業員エクスペリエンスを向上するソリューションに焦点を当て、ロードマップを作成する必要がある」と指摘する。

 2023年版では、働き方を広く捉え、未来の働き方に向けて、ワークプレースにイノベーションを起こす革新的なテクノロジーやトレンドを取り上げている。

 「リアルとバーチャルは今後さらに融合し、フルデジタルな世界となるため、ワークプレースはリアルとバーチャルの別なく、従業員がより大事にされ、元気になり、活躍できる環境を構築していくことが重要になる。そのため、デジタルワークプレース環境においては、テクノロジーによるワークプレースの近代化に加え、人や組織、新たな働き方、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みにこれまで以上にフォーカスする必要性が増している」(同氏)

 デジタルワークプレースに関するテクノロジーやトレンドはさまざまな分野で重要と位置付けられている。成熟するまでに5~10年を要するものもあるが、生成AI、リアルタイム音声翻訳サービス、日常型AI(業務ツールなどに組み込まれたAI機能)、デジタル従業員エクスペリエンス(DEX)ツール、空間コンピューティングなど新進気鋭のテクノロジーは2~5年で成熟に至ると見込まれている。

 今後、デジタルワークプレース変革の動きに合わせて、こうしたテクノロジーやトレンドの重要性が認識され、その進化も加速することが予測されるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]