PDF Report at ZDNET

物流の「2024年問題」解決に向け、官民が取り組むアイデアとは

PDF Report@ZDNET

2023-09-11 07:00

 2024年4月の改正労働基準法の施行により、トラック運転手の時間外労働の上限が年960時間となる。これによって起きる運転人材の不足が「物流2024年問題」として懸念されている。IT業で界は、システム化や自動運転などのテクノロジー活用によって、この課題を解決できるようさまざまな取り組みが進んでいる。

 政府も2024年問題の解決に向けて構想を描いている。その一つが、経済産業省と国土交通省が手掛ける次世代物流システム「フィジカルインターネット」の構築だ。参加企業が輸送手段や倉庫などの情報を共有することで、輸送効率を上げる狙いがある。

 ここでは、貨物の輸送状況をリアルタイムに可視化する施策をはじめ、レベル4の自動運転で東京・大阪間を幹線輸送する取り組みなど、2024年問題を解決するための具体的な取り組みを紹介する記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]