トレンドマイクロ製品に脆弱性、悪用攻撃も確認

ZDNET Japan Staff

2023-09-19 16:46

 トレンドマイクロは9月19日、企業向けの複数のエンドポイントセキュリティ製品に存在する脆弱(ぜいじゃく)性の情報を発表した。既に脆弱性を悪用するサイバー攻撃が発生しており、ユーザーにアップデートを適用するよう呼び掛けている。

 同社によると、「Apex One 2019」「Apex One SaaS」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ 10.0 SP1」「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス」には、リモートから任意のコードを実行できる脆弱性(CVE-2023-41179)が存在する。共通脆弱性評価システム(CVSS) バージョン3による評価は「9.1」(最大値10.0)、深刻度は「緊急」に指定されている。

 脆弱性は、各製品のエージェントにおいてサードパーティーのセキュリティ製品をアンインストールする機能に起因し、管理コンソールにログイン可能な第三者が脆弱性を悪用して攻撃を行うことができる。ただ、管理コンソールにログインしなければならず、脆弱性の悪用のみでは攻撃を成立させることができないともしている。

 同社は、Apex One SaaSとウイルスバスタービジネスセキュリティサービスについては、7月のメンテナンスおよびアップデートでこの脆弱性を既に修正した。Apex One 2019は「Service Pack 1 - Patch 1(ビルド 12380)」、ウイルスバスタービジネスセキュリティ 10.0 SP1は「Patch 2495」で脆弱性を修正しており、ユーザーに適用を呼び掛けている。

 すぐに適用できない場合の対処策は、上述の通り管理コンソールへのログインが必須となるため、「管理コンソールへのアクセスを信頼されたネットワークからのみ許可すること」(同社)としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]