「Windows 11」、次期大型アップデートで「Copilot」搭載へ

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2023-09-22 11:25

 Microsoftは、米国時間9月26日にリリースを予定している「Windows 11」の次期大型アップデートで、人工知能(AI)による支援機能「Copilot」を搭載すると発表した。

Copilot発表の様子
提供:CNET

 Copilotを利用すれば、「Word」文書の中に本の要約を書き込むよう人工知能(AI)に頼んだり、画像を選択してその背景をAIに削除させたりできる。Microsoftは使い方の一例として、長い電子メールを示し、テキストを強調表示すると、ユーザーがそのメールに関連する質問をできるようにCopilotが表示されるところを実演した。また、そうした情報は、メールの内容に基づいて付近にある昼食の食べられる店をCopilotに尋ねるなど、オンラインで見つかった情報と相互参照できる。

 Copilotは、Windows 11を搭載したデスクトップPCのタスクバーから利用できるため、1回のクリックですぐに使える。Microsoftによると、利用しているのがWordや「PowerPoint」であろうと、あるいは「Edge」であろうと、さまざまな作業を手伝うようCopilotに求めることができるという。音声による指示も可能だ。

 MicrosoftのウェブブラウザーであるEdgeにも、Copilotが統合される。特に同社は、最も安価な商品を見つけたり、「Googleレンズ」と同様に、スマートフォンの写真を利用して似たような商品をオンラインで探したりできるショッピング向け機能をアピールした。

 エンタープライズ向けでは、Microsoftの「Office」製品スイートに強化版AI機能が搭載される。Copilotは企業データにアクセスし、会議の要点をまとめたり、利用可能なデータに基づいてチャートを作成したりできるほか、オンラインで情報の相互参照もできる。データは、変換して他のプログラムで使用することもできる。たとえば、長いWord文書から作成された要約をPowerPointに送ると、画像や発表者用のメモが自動で挿入されたプレゼン資料を作成できる。

 Microsoftによると、法人向けCopilotが利用するデータは保護され、AIモデルのトレーニングには利用されないという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]