生成AIの台頭

生成AIとクリエイターエコノミーの関係--コンテンツ制作における4つの活用手段

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2023-09-29 07:30

 人工知能(AI)はすでに定着した。これは一時的なブームや流行ではなく、運動だ。確かに、バズワードは時間とともに下火になっていくため、「ChatGPT」やAIがニュースを賑わすことはなくなるだろう。しかし、産業革命が近代の生活の基盤を変え、その後インターネットが同じ道をたどったように、AIツールは暮らしや仕事の土台になっていくはずだ。

提供:Photo AI/Maria Diaz/ZDNET
Photo AIツールで生成した米ZDNETのMaria Diaz記者の画像。
提供:Photo AI/Maria Diaz/ZDNET

 AIの形態に関して最もよく耳にするは、おそらく生成AIだろう。生成AIは、ChatGPTによる文章作成や、「Midjourney」での印象的な画像の作成、「Bard」による文書の翻訳や本文の要約に使われている。

 AIの力を取り入れていると思われる専門家グループの1つが、コンテンツクリエイターだ。動画/画像編集アプリの開発を手がけるLightricksがコンテンツクリエイター1000人を対象に実施した調査では、84%が時間やお金を節約できるならAIを使用するつもりだと回答し、86%が制作プロセスに好影響があるならAIを使うと回答した。

 その一方で、生成AIはディープフェイクの作成を可能にする技術でもある(ディープフェイクは本物かどうかの判別が難しいほど誰かに酷似した画像や動画)。

 生成AIは、人間によるオリジナルコンテンツの代わりに使用した場合、共有コンテンツの信頼性を低下させてしまう可能性もある。複数のクリエイターや著者が過去に作成した大量のデータで訓練されるため、著作権侵害のリスクが生じるおそれがある。

クリエイターエコノミーとは

 ソーシャルメディアは大成功を収めて、本格的なビジネスモデルへと成長した。「Myspace」の「Top 8」や光り輝くGIFから大きく様変わりし、ソーシャルメディアの習慣を収益化して経済モデルを作り出す方法が見つかった。

 クリエイターエコノミーとは、独立したクリエイターが自らのコンテンツを直接的または間接的に収益化する社会経済システムだ。インフルエンサーとも呼ばれるコンテンツクリエイターは、コンテンツを制作してオーディエンスに共有する。

 コンテンツは多岐にわたり、ブログ、メール、ニュースレターなどの文字コンテンツ、動画や写真、それらを組み合わせたものが、1つまたは複数のソーシャルメディアネットワークで共有される。コンテンツクリエイターは、たとえば「YouTube」や「TikTok」でコンテンツを収益化し、「Instagram」で販売することができる。

 オーディエンスはクリエイターのコンテンツを消費し、多くの場合、クリエイターはその消費から利益を得ることができる。あるいは、クリエイターが利益を得られるように、オーディエンスメンバーがサブスクリプションや商品の購入などのさらなる行動を起こさなければならない場合もある。

 コンテンツクリエイターは多数の方法で自らのコンテンツの収益化が可能だ。たとえば、視聴に応じて得られる広告収入(YouTubeで一般的)、ブランドスポンサーシップ、アフィリエイトマーケティング、マーチャンダイジング、限定コンテンツへの有料サブスクリプションなどの方法がある。

 「インフルエンサー」という用語は否定的な意味合いで知られており、ベージュのレースのドレスと花冠をまとって世界を旅する超特権階級の人物を思い浮かべる人もいるだろうが、それはコンテンツクリエイターの役割についてのこの上なく正確な定義だ。「影響力を行使する人。他者にインスピレーションを与える、または他者の行動を導く人」とMerriam-Websterは定義している。

 クリエイターエコノミーについて説明したので、次は生成AIがインフルエンサーの状況をどのように変える可能性があるかを見ていこう。

1. AIによる画像作成

 この数年間で何らかのメディアを消費したことがある人なら、AIによって生成された画像を目にしているはずだ。それに気づいていないかもしれないが。

 画像生成AIは多数提供されており、ChatGPTと同じくらい手軽にアカウントを作成して、利用を開始することができる。Microsoftの検索エンジン「Bing」にはAIツール「Image Creator」が搭載され、「Outlook」のチェックや「Xbox」へのサインインに使用するアカウントで利用可能だ。その性能は悪くない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]