内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」

DX推進に向けた人材像とスキル定義--デジタルスキル標準の活用に向けて

内山悟志 (ITRエグゼクティブ・アナリスト)

2023-10-18 07:00

 多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けたリスキリングや、従業員のデジタルリテラシー向上のための教育・研修に取り組んでいます。企業が、DXに求められる人材像やスキル要件を明確に定義するに当たっては、経済産業省と情報処理推進機構(IPA)が策定した「デジタルスキル標準」(DSS)をひな型として活用することが推奨されます。

デジタルスキル標準の活用

 多くの企業がDXの推進に向けたリスキリングや、従業員のデジタルリテラシー向上のための教育・研修に取り組んでいますが、研修や人材育成はDXの目的ではありません。そもそも、DXの先に目指す企業像はどのようなものか、それを実現するにはどのような人材が必要か不明確なまま研修を行っても、受講者の内発的動機づけは高まりませんし、効果を上げられません。

 人材育成においては、中長期的な視点でDXに求められる人材像やスキル要件を明確に定義し、それに合致した人材を確保・育成するための計画とそれを実現するプログラムを策定し、実行することが求められます。

 経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は2022年12月、DX推進における人材の重要性を踏まえ、個人の学習や企業の人材確保・育成の指針となる「デジタルスキル標準」(DSS)を公表しました。両組織は、これまでもIT人材のスキルやキャリアを示した指標として「ITスキル標準」(ITSS)や「情報システムユーザースキル標準」(UISS)などを策定していますが、DSSはそれらのDX版といえます。各企業が独自に、人材像、各人材像が担う役割、必要なスキル要件や、習得すべき学習項目を定義するには大きな労力を要します。また今後、DSSに対応したスキルチェックの仕組みや研修プログラムが関係機関各所から提供されると予想されるため、自社のDX人材戦略の遂行においてはDSSをひな形として活用することが推奨されます。

 DSSは、経営者を含む全てのビジネスパーソンが身につけるべき能力・スキルの標準となる「DXリテラシー標準」(DSS-L)と、DXを推進する専門性を持った人材の役割や習得すべきスキルを示した「DX推進スキル標準」(DSS-P)の2つで構成されます(図1)。これは多くの企業が取り組んでいるリスキリングや教育・研修に合致する体系といえます。

図1.デジタルスキル標準(DSS)の構成 図1.デジタルスキル標準(DSS)の構成
※クリックすると拡大画像が見られます

デジタルリテラシー標準の狙いと概要

 企業がDXを着実に前進させるには、専門人材だけでなく使い手であり、かつ顧客に価値を届ける主体でもある全ての従業員のデジタルリテラシーの向上が不可欠です。DSS-Lの狙いは、ビジネスパーソンの一人一人が、DXに関するリテラシーを身につけることでDXを自分事と捉え、変革に向けて行動できるようになることといえます。

 これに沿って、全従業員がDXの必要性、データ、デジタル技術について知り、DXリテラシー標準では扱っていない内容も含め、知らない言葉に接した時は自ら調べ、DXに対するアンテナを広げられるようになることを目指しています。

 DSS-Lは、新たな価値を生み出す基礎としてのマインドスタンスを土台に、「DXの背景(Why)」「DXで活用されるデータ・技術(What)」「データ・技術の利用/活用(How)」――の4つで構成されています(図2)。

 企業は、従業員のデジタルリテラシー向上のための施策立案や研修を企画する際に、DSS-Lを参照することで内容に対する網羅性を確認できます。ちなみに、研修会社の提供メニューや一部の企業の研修プログラムはWhatとHowに偏った傾向が見られますが、DXの始動段階で特に重要なのは、マインドスタンスとWhyであることに注意しなければなりません。

図2.デジタルリテラシー標準(DSS-L)の構成 図2.デジタルリテラシー標準(DSS-L)の構成
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]