七十七銀行、富士通と顧客接点の高度化で記入レス・印鑑レスを実現

NO BUDGET

2023-10-18 06:40

 富士通は、七十七銀行(仙台市)が富士通の顧客接点高度化ソリューション「Customer Engagement Solution CHORDSHIP」(CHORDSHIP)を活用して、営業店窓口での手続きを簡潔に完了できるシステムを開発したと発表した。同システムは「店頭タブレット」として七十七銀行の全店舗に導入され、9月に利用を開始している。

 七十七銀行の顧客は、このシステムを利用することで、営業店窓口に設置されたタブレット端末に必要事項を入力すれば、口座開設や届け出事項の変更(名義、住所、電話番号)、キャッシュカードや通帳の紛失などを含む全10種の手続きができる。クラウドサービスのCHORDSHIPのAPI連携機能によって、七十七銀行の勘定系を含む各システムと自動連携してデータを更新し、手続きを完了させるという。

 開発にCHORDSHIPのローコードを活用し、ユーザーが実際に操作するフロント機能についてハイブリッドアジャイルにより開発したとのこと。これはウォーターフォールの開発工程にアジャイルのプロセスを組み込んだ開発手法になる。業務フローやユーザーインターフェース、画面のモックアップの検討をユーザーの要望を取り入れながら短いサイクルで検証と修正を繰り返し実施することで、要望に即したサービスを短納期で開発できたという。

利用イメージ
利用イメージ

 操作は、タブレット上の案内に従って、質問の回答を選択したり、入力したりするチャット形式のため、誰でも簡単に利用できる。従来は、手続きに顧客が申込用紙に多数の項目を記載し押印が必要だったが、同システムでは、タブレット上に入力するのみで手続きで完結し、記入レス、印鑑レス、ペーパーレスを実現する。

 今後七十七銀行は、同システムの対象手続きを順次拡大していく予定。また、同システムを非対面での手続きへも拡張を検討するなど、手続き書類の電子化をより一層推進していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]