「Bill Oneビジネスカード」、本人認証サービス「3Dセキュア」に対応

NO BUDGET

2023-11-10 11:24

 Sansanは、「Bill Oneビジネスカード」を本人認証サービス「3Dセキュア」に対応させた。これにより同カードを本人認証が必要な決済でも利用可能となる。

 3Dセキュアはオンライン決済時により安心・安全に決済を行うための本人認証サービス。カード番号・有効期限などのカード情報に加えて、ワンタイムパスワードを用いた2段階認証を一部の取引に対して行う。

 Bill Oneは、Sansanが提供するインボイス管理サービス。郵送やメールといったさまざまな方法・形式で届く請求書をオンラインで一括受領し、素早く正確にデータ化する。

 Bill Oneビジネスカードは「アナログな経理業務」「インボイス制度・電子帳簿保存法への対応」「不正利用のリスク」など企業におけるクレジットカード利用での課題解決に役立つ法人カード。Bill Oneの利用企業は、無料で発行・利用できる。

 同カードでは、利用時にアップロードされた証憑(しょうひょう)と利用明細を自動照合し、金額が異なる場合はアラートを表示する。カード利用後には、利用者に証憑提出を依頼するメールを自動配信する。またアップロードされた証憑が適格請求書かどうか、自動で判定する。さらに発行したカードごとに、利用者や利用上限額を設定し、利用先のジャンルを絞ることにより、用途を制限できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]