Linuxノウハウ

「Linux」で「BlueMail」のAI機能を使って電子メールを作成するには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-12-14 07:45

 筆者は、「Linux」で「Thunderbird」に代わるメインの電子メールクライアントを探している。最初に、「Geary」を改めて検討してみたが、ある1つの「仕様」が原因で、メインの電子メールクライアントとして採用することを見送った。今回テストするのは「BlueMail」だ。すでにBlueMailが勝者になりそうな感じがしている。

 BlueMailは、必要なすべての機能といくつかの追加機能を提供するプロプライエタリーな電子メールクライアントである。新しい機能には、「GemAI」(「Generative Email」とも呼ばれる)という組み込みAIが含まれる。BlueMailは、「私たちが毎日送受信する電子メールが増加しているため、しっかりとした文面の効果的な電子メールを適切なタイミングで作成するのが困難な場合もある。この課題に対処するために開発されたGenerative Emailは、カスタマイズされたOpenAIの『ChatGPT』をベースとしており、コンテンツモデレーションによってフィルタリングされる」と述べている。

 個人的にAIの力を借りるのは好きではないが(自分自身の言葉を書きたいからだ)、1日に非常に多くの電子メールを作成する必要があるため、AIの力を借りたいという人もたくさんいるはずだ。そこで、GemAIの出番である。

 BlueMailのGemAIはとても使いやすく、さまざまなプラットフォームで利用可能だ。以下のような機能が含まれている。

  • AIを使用して、ユーザーがより高品質な電子メールを迅速に作成できるように支援する。
  • コンテキストに基づいて応答を提案し、より効率的かつ効果的なコミュニケーションを実現する。
  • 長文の電子メールの要約を作成して、ユーザーの生産性を高める。

 BlueMailさえインストールすれば、GemAIを使用するのに、ほかのインストールや設定は不要なので、厄介なAPIを扱ったり、BlueMailをサードパーティーアカウントに接続したりすることに頭を悩ませる必要はない。必要なものはすべてそろっているので、ユーザーはすぐに電子メールの作成に取り掛かることができる。

 本記事では、GemAIを使用する手順を解説する。

BlueMailでAIを使用して電子メールを作成する方法

 必要なもの:これに必要なのは、自分の1つまたは複数の電子メールアカウントで設定されたインストール済みのBlueMailアプリだけだ。そのほかのものは不要である。それでは、AIを使用して、電子メールを作成してみよう。

1. BlueMailの電子メール作成ウィンドウを開く

 最初に、BlueMailを開いて、ウィンドウ上部の真ん中付近にある「Compose」(作成)ボタンをクリックする。

2. GemAIを開く

 作成ウィンドウの下部に、AIが中央に配置された宝石のような青色の小さいアイコンがある。それをクリックして、GemAIツールを開く。

GemAIは、青い菱形のアイコンからアクセスできる。提供:Jack Wallen/ZDNET
GemAIは、青い菱形のアイコンからアクセスできる。
提供:Jack Wallen/ZDNET

3. 電子メールの内容を要約する

 「Write in a nutshell」(簡潔に書く)のプロンプトに電子メールの要点を入力して、「Generate」(生成)をクリックする。

GemAIが自動的に件名を追加してくれるので、件名を入力する必要はない。提供:Jack Wallen/ZDNET
GemAIが自動的に件名を追加してくれるので、件名を入力する必要はない。
提供:Jack Wallen/ZDNET

4. 結果を適用する

 試しに、サンタクロースあてに世界平和を願う手紙をGemAIに書いてもらった(「世界平和を願う手紙をサンタクロースあてに書いてほしい」というプロンプトを入力した)。GemAIが手紙を作成したら、「Apply」(適用)をクリックして、その電子メールの本文を作成ウィンドウに追加する。

GemAIが筆者の代わりにサンタクロースへの電子メールを作成してくれた。提供:Jack Wallen/ZDNET
GemAIが筆者の代わりにサンタクロースへの電子メールを作成してくれた。
提供:Jack Wallen/ZDNET

5. 電子メールを完成させる

 あとは、受信者と件名、自分の名前を追加して、本文を修正する(必要な場合)だけでいい。その後、「Send」(送信)をクリックすれば完了だ。

 AIが好きではない人もいるかもしれない。しかし、テクノロジーを利用して電子メールを作成することに抵抗がない人にとって、GemAIは非常に優れたソリューションであり、BlueMailはAIを極めて効果的に活用している。GemAIを試して、電子メールでのコミュニケーションがより効率的かつ効果的になるか確かめてみてほしい。

提供:Getty Images/Laurence Dutton
提供:Getty Images/Laurence Dutton

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]