PDF Report at ZDNET

高まる製造業のセキュリティ意識、サプライチェーン攻撃を含めたリスク対応

PDF Report@ZDNET

2023-12-14 06:00

 米BlackBerryが実施した「製造業サイバーセキュリティ調査」で、国内製造部門の83%が「Windows 7/8」など旧式もしくはサポート対象外のOSを中核的な機能の運用に利用していることが分かった。また、セキュリティリスクに関連する理由から、古いハードウェアのOS更新を制限しているとの回答が61%に上っている。

 また、生産設備や機械などを制御するOT(オペレーション技術)システムへの攻撃について、国内製造業のIT意思決定者の61%が、「ITインフラよりもOTのセキュリティ対策が困難」と回答している。調査対象企業の70%が、「サイバー攻撃によって顧客に損失が発生することを危惧している」という。同時に57%が、「サプライヤーとの関係に影響がある」と回答した。

 日本の中核産業である製造業がサイバーリスクを明確に意識していることが見えてきている。製造業のセキュリティについて説明する記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]