ソフトバンク、生成AI開発向け計算基盤に「SambaNova DataScale」採用

NO BUDGET

2023-12-22 12:36

 フルスタックAIプラットフォームベンダーであるSambaNova Systemsは、ソフトバンクが生成AI開発向け計算基盤の一部に、「SambaNova DataScale」を採用したと発表した。導入はCotofureが支援する。

 この生成AI開発向け計算基盤は、大規模言語モデル(LLM)の学習向けの計算基盤において国内最大級の規模となっている。SambaNova Systemsは米カリフォルニア州パロアルトに本社を置く企業で、2017年に設立された。独自の再構成可能なデータフローアーキテクチャに基づくAI半導体から学習済みのファンデーションモデルまで、フルスタックの専用AI基盤を提供する。また同社は「SoftBank Vision Fund 2」などからの出資を受けている。

 SambaNova DataScaleは、データフローアーキテクチャーを採用したハードウェアとソフトウェアの完全統合システム。要求の厳しいディープラーニング、ファンデーションモデル、科学のためのAIワークロードを学習・展開する。アルゴリズムから半導体までデータフローのために構築されており、モデルの最適化と実行を自動化できる。さらにデータ、計算、通信の最適化により、あらゆるサイズや形式のモデル、学習と推論のバッチサイズに対して、高いパフォーマンスと効率性を提供する。

 ソフトバンクでは、今回の導入により、同計算基盤でのイノベーションがさらに加速するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]