ソフトバンクと東京大学、次世代AI人材育成の教育プログラムを実施

NO BUDGET

2022-11-24 06:00

 ソフトバンクと東京大学は、共同で同大学生を対象に、次世代の人工知能(AI)人材の育成を目的とした教育プログラムを2023年2月1日~3月1日に実施することを明らかにした。

 このプログラムは、「Beyond AI 研究推進機構」の取り組みの一環として実施される。同機構は、世界最高レベルの研究者を擁する最先端のAI研究機関を目指して東京大学、ソフトバンク、ヤフーにより設立された。2020年7月に共同研究を開始し、最先端AI研究を行う「中長期研究」や、研究成果を基に事業化を目指す「ハイサイクル研究」などに取り組み。

 ソフトバンクは、今回のプログラムにおいて、出資先のFindability Sciencesとの連携など、ソフトバンクグループのリソースやノウハウを活用する。

教育プログラムのイメージ
教育プログラムのイメージ

 同プログラムでは、データハッカソンや勉強会や交流会の開催を実施する。

 データハッカソンでは、AIとデータを活用してSDGs(持続可能な開発目標)領域におけるビジネスの企画とサービスのプロトタイプの開発を行う。さらに、ソフトバンクが企業向けに提供するAI・DX人材育成サービス「Axross Recipe for Biz」を活用して、実践的なAIコンテンツとウェブ上に一般公開されているデータなどを組み合わせ、AIによる社会課題の解決のアイデアとアプローチ方法の検討および企画を行い、英語で最終発表を行う。

 勉強会は10回開催する。Axross Recipe for Bizのカリキュラムやビジネスの現場で活躍するゲストが講師を務める。さらに、データハッカソンの参加者全員にAxross Recipe for Bizのコンテンツを自由に学べるアカウントが提供される。これにより、eラーニングを通して参加者自身でAIの基礎やPythonによるデータ分析を学べるほか、最新のAI技術を実装する体験などができる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]