IT企業の年頭所感

顧客のデジタルレジリエンスの構築を支援--Splunk・野村社長

ZDNET Japan Staff

2024-01-10 07:00

 2024年に向けたIT企業のトップメッセージを紹介する。

Splunk Services Japan 社長執行役員 野村健氏

 2023年は、生成AIの登場やサイバー脅威の深刻化、企業や政府のクラウド利用が加速したことによるハイブリッド/マルチクラウド環境の拡大を背景に、ITシステムのセキュリティと可用性の維持がますます難しくなりました。また、昨今はデータ無くしてAIの活用は成立しないため、あらゆるデータへのアクセス、分析、活用のスピード向上がこれまで以上に求められました。

 Splunkにとって創業20周年という節目でもあった2023年は、多くの革新的なイノベーションを発表しました。製品企業のデジタルレジリエンスの構築を支援することに焦点を置きながらパートナーシップの拡大と新製品の展開に注力いたしました。

 2023年7月には、Microsoftとの戦略的提携を発表し、マルチクラウド/ハイブリッドクラウド環境へのコミットメントを拡大したことで、お客さまのニーズにより広範に応えられるようになりました。また新ソリューションでは、センサー、IoTデバイス、産業機器などによって生成されたOT(製造系技術)データの取り込みと分析を自動・簡素化する「Splunk Edge Hub」や、製品の検索用語であるSPL操作をよりインタラクティブにするユーザー支援機能として生成AI App「Splunk AI Assistant」のプレビュー版の公開など複数製品を発表しました。これらはインシデントの防止、迅速な対応、組織の変革を加速するソリューションです。

 9月には、10年以上にわたりSplunkのパートナー企業として協業してきたシスコシステムズとの統合計画を発表しました。AI、セキュリティ、オブザーバビリティの分野で屈指の存在として認められる2社が1つになることで、組織のセキュリティ、レジリエンス強化を支援します。

 2024年は、AIがもたらす影響はさらに拡大し、企業のDXやデジタル化の推進、ビジネス成長を加速させるための鍵になると考えています。デジタルやクラウド利用が拡大するに伴い、システム障害やサイバー脅威といった変化への対応力を高め、サービス停止などビジネスが止まることによる機会損失を最小限に抑えることもまた、事業継続に欠かせない要素です。

 Splunkは本年も、社員一同、パートナー様と更なる連携を図りながら、お客様の成功のために、AIを活用したエンタープライズグレードのセキュリティおよびオブザーバビリティソリューションを世界中に届け、企業のビジネス成長を支えるための信頼できる「デジタルレジリエンス」の構築を支援できるようまい進していきます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]