サイバーセキュリティクラウド、ウェブAPIの保護をOSSで公開

NO BUDGET

2024-01-17 12:06

 サイバーセキュリティクラウドは、ウェブAPIの脆弱(ぜいじゃく)性に対応するソフトウェア「sasanka」をオープンソースソフトウェア(OSS)として公開した。近年ウェブAPIを標的としたサイバー攻撃が増加しており、この分野でのキュリティ対策が重視されている。

 sasankaは、APIゲートウェイのOSSである「Kong」のプラグインとしてセキュリティ機能を付与する。開発者やセキュリティ専門家が利用可能であり、ウェブAPIのセキュリティを強化するためのツールとして活用できる。OSSとして公開することにより、OSSコミュニティーを作りつつ、ソフトウェアの品質改善やセキュリティ強化、新たな機能の追加などを継続的に進化させていくことが期待される。

 sasankaのソースコードについては、GitHubかダウンロードが可能だ。同社では、sasankaのOSSでのローンチを皮切りに、ウェブアプリケーションとAPI保護の分野でのサービス展開を加速していくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]