「Cisco IOS XE」のWeb UIに深刻な脆弱性、ゼロデイ攻撃が進行中

ZDNET Japan Staff

2023-10-17 12:43

 Ciscoは米国時間10月16日、同社の「Cisco IOS XE」ソフトウェアに脆弱性(CVE-2023-20198)が存在することを明らかにした。影響を受ける組織は、速やかに対応を行う必要がある。

 この脆弱性は、インターネットや信頼性の低いネットワークに接続されており、HTTPまたはHTTPSを使用したWeb UI機能を有効にしている物理・仮想デバイスに影響を与えるものだ。影響の深刻度はもっとも深刻な「Critical(重大)」に分類されており、悪用されると、攻撃者が特権レベル15のアクセスを持つアカウントを作成し、デバイスを完全に制御できようになる。

 Ciscoはすでにこの脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃が活発に行われていることを認識しており、攻撃に関する詳しい情報を提供している。展開されているゼロデイ攻撃では、攻撃者がシステム内にインプラント(悪意のあるプログラム)を送り込む。このインプラントはスクリプト言語である「Lua」で書かれたもので、攻撃者はこのプラントを使用してシステムレベル、あるいはIOSレベルで任意のコマンドを実行できる。デバイスを再起動するとインプラントは削除されるが、作成されたアカウントは残り続ける。

 Ciscoはこの脆弱性に関するアドバイザリーを公表している。この脆弱性を修正するアップデートはまだ配付されていない。同社は、対策としてWeb UI機能をインターネットや信頼性の低いネットワークに接続しないこと、インターネットへ接続している場合はHTTPサーバ機能を無効にすることを強く推奨しているほか、すでに攻撃を受けているかどうかを判別するための情報を提供している。

 Ciscoは、少なくとも9月18日からこの脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃が行われていたことを認識している。Ars Technicaは、インターネットに接続されているデバイスを調べる検索ツールである「SHODAN」を使用した調査をもとに、影響を受けるデバイスの数は8万台を超える可能性があると報じている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]