Looop、統合型IT運用管理を導入--社内IT資産の把握に活用

NO BUDGET

2024-01-19 07:30

 電力関連サービスを提供するLooopは、統合型IT運用管理ソリューション「AssetView CLOUD」を導入した。同ソリューションを提供するハンモックが発表した。

 AssetView CLOUDは、クラウド型のソリューションで、IT資産管理から情報漏えい対策までまとめて実行できる。組織内のIT資産を正確に把握できるようにし、セキュリティリスクの検知や適切なIT投資計画の実行を可能にする。

 Looopは再生可能エネルギーの最大普及を通じた「エネルギーフリー社会の実現」をビジョンとしている。太陽光発電所の開発・運営から、国内外での自家消費のシステムの施工・管理、電力小売事業まで、電力に関わる一貫したサービスを展開している。

 従来同社では、「Excel」による台帳管理を行っていたが、端末数の増加による管理工数のひっ迫や、ソフトウェア資産の一元管理に課題を抱えていた。さらに、内部統制に伴うセキュリティ強化も求められていたという。

 今回の導入で、これらの課題が解決するとともに、情報システム部門のセキュリティ対策、ヘルプデスク運用などをロケーションフリーで実現可能になった。またテレワークやハイブリットワークなど多様な働き方への柔軟な対応が期待できるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]