富士通とYEデジタル、両社の物流センター関連サービスの相互提供に合意

NO BUDGET

2024-01-30 16:23

 富士通とYE DIGITAL(YEデジタル)は、ロジスティクス分野の社会課題の解決に向けて、両社が保有する物流センター関連サービスを相互に提供する協業に合意した。

 富士通の物流センターの業務全般を効率化する物流センター管理システム(Warehouse Management System:WMS)関連サービスと、YEデジタルの倉庫業務を自動化する倉庫実行システム(Warehouse Execution System:WES)「MMLogiStation」を物流関連企業へ提供する。

 富士通のWMS関連サービスは、さまざまな業種の物流センターの業務管理に対応し、複数拠点を管理できる。柔軟な拡張性を持ち、蓄積された業務データの可視化・分析ができる。また、コンサルティングサービスとして物流センター構築における企画や、センター内業務および配送業務に関する改革・改善の実行計画や業務コストのKPI設定なども行う。

 YEデジタルのMMLogiStationは、WMSと自動化設備のリアルタイム制御を行う倉庫制御システム(WCS)の間で、物流現場の制御・管理を担う。従来、WMSが行っていた制御と管理をWESに分離することで、ロボット・自動化設備の導入や作業手順の変更など、業務の変化に迅速に対応できるとしている。

協業の概要  WCS:Warehouse Control System(倉庫制御システム) AMR:Autonomous Mobile Robot(自律走行搬送ロボット)
協業の概要 AMR:Autonomous Mobile Robot(自律走行搬送ロボット)

 WMSとWESの提供により、物流センターに自動化設備を効果的に導入し、現場業務の効率化を実現するという。同時に、納品・出荷する物品や作業者、設備など、さまざまな統制指示が必要なセンターの管理業務を統合化する。これにより、作業員の適正配置により労働力不足解消が期待できるという。また自動化設備の効率的な運用により、ドライバー不足の解消施策の1つである輸送車両の荷待ち時間を短縮できるとしている。

 富士通は今回の合意を受け、物流センター構築の企画支援、および既存センター内の業務改革に向けた計画策定などを幅広く支援していく。これにより、物流センター業務における自動化設備の導入障壁を軽減する。また設備の統合管理により業務の自動化と効率化を促進し、物流センターのパフォーマンス向上を実現する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]