Databricks、AI特化型のデータ基盤を提供するEinblickを買収

ZDNET Japan Staff

2024-02-02 08:56

 Databricksは米国時間1月31日、AIに特化したデータ基盤を提供するEinblickの買収を発表した。

 Einblickは、自然言語による質問をコード、チャート、モデルに変換する技術を開発する企業。マサチューセッツ工科大学とブラウン大学の研究者によって設立され、自然言語を使ってデータ課題の解決を可能にする「AIネイティブコラボレーションプラットフォーム」を構築している。Databricksに加わることで、Einblickの技術は既存のデータカタログと統合・拡張されるとしている。

 Einblickの最高経営責任者(CEO)であるEmanuel Zgraggen氏は発表資料で、「Einblickを設立した際、私たちの目標は、最も簡単にコラボレーションが可能になるデータプラットフォームを構築し、企業のデータ活用の可能性を広げることだった。私たちは本日、Databricksが推進するデータとAIを簡素化して民主化するというミッションに加わった。Databricksと共に、新たなステージを始めることをうれしく思う」と述べる。

 また、Databricksの共同設立者でCEOのAli Ghodsi氏は「Einblickの経営陣や優秀なチームがDatabricksに加わることを心から歓迎する。私たちと同様に彼らも、組織が新しい時代で成功するためには、データとAIの活用を深化させることが必要だと考えている。Einblickの革新的でAIネイティブなアプローチを、Databricksのプラットフォームに直接組み込むことで、組織がデータインテリジェンスを民主化し、品質、スピード、アジャイル性を備えた次世代のデータ・AIのアプリケーションが作成可能になることを期待する」と話す。

 Databricksは、2023年にもOkera(5月)、Rubicon(6月)、MosaicML(同)、Arcion(11月)などの企業を買収しており、今回もそれに続くものとなる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]