KDDI、通信網と請求管理の中継システムをクラウド化--オラクルとNECで実施

ZDNET Japan Staff

2024-02-09 14:53

 KDDIは、同社の通信網からのさまざまな課金情報を統合して料金や請求などの管理システムへ中継する仕組みを2024年度にクラウド化する。この開発を担当する日本オラクルとNECが発表した。

 この仕組みは「統合課金メディエーション」と呼ばれる。今回の取り組みでは、KDDIの携帯電話サービスの基幹ネットワークからパケット通信や音声通話などの課金情報を統合課金メディエーションが受信・収集(課金ゲートウェイ)および加工・集計(課金メディエーション)し、そのデータを料金・請求システムへ送る。

イメージ(出典:NEC)
イメージ(出典:NEC)

 NECは、同社子会社の米Netcracker Technologyが提供する課金ゲートウェイ機能と課金メディエーション機能をパッケージソフトウェア化し、統合課金メディエーションとしてKDDIに提供する。統合課金メディエーションの稼働基盤には、Oracleの「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)を採用する。

 これまでKDDIは、課金ゲートウェイと課金メディエーションの領域において、用途に応じた複数の設備を運用しており、運用の複雑性と定期的な設備更改に伴う開発費用が課題になっているという。このためIaaSと通信業界標準のパッケージソフトを導入することで、これらの課題を解決する。KDDIは、NECと日本オラクルがこの領域で多くの導入実績と知見を持つとして選定したという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]