LegalOn TechnologiesとLegalscape、資本業務提携を通じた戦略的パートナーシップ

河部恭紀 (編集部)

2024-02-13 10:57

 LegalOn TechnologiesとLegalscapeは2月9日、法務業務を包括的に支援する構想の実現に向けて、資本業務提携を通じた戦略的なパートナーシップを締結したことを発表した。

 LegalOn Technologiesは、弁護士の法務知見と自然言語処理技術や機械学習などのテクノロジーを組み合わせ、企業法務の質の向上と効率化を実現するソフトウェアを開発・提供する企業。2019年4月にAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、2021年1月にAI契約管理システム「LegalForceキャビネ」、2023年4月に米国でAI契約レビュー支援ソフトウェア「LegalOn Review」を提供している。

 Legalscapeは、高度な自然言語処理技術や生成AIの法律分野での基礎研究・応用などの技術力を強みとし、法律情報をはじめとした種々の情報の包括的なデータベースの構築や、それらを効率的に利用/活用するインターフェースを開発・提供する企業。2021年6月に提供開始したリーガルリサーチプラットフォーム「Legalscape」は、2023年9月に生成AIと同社独自の自然言語処理技術を組み合わせたAIリサーチ機能を導入している。

 今回のパートナーシップの背景として、ニーズの変化があるという。リーガルテックサービスは、リーガルリサーチや契約審査、管理など、個別業務に即した形で従来発展してきたとLegalOn Technologiesは述べる。しかし、リーガルテックサービスの普及が進む昨今、法務実務の現場においてこれら業務の有機的な関連性は高まりつつあり、顧客のニーズは“業務領域ごとに対応した個別サービス”から“組織や業務内容、状況に合わせてシームレスに活用できる包括的な支援サービス”に移り変わってきていると同社は続ける。

 この変化を踏まえ、企業法務部・法律事務所をはじめとした顧客の法務業務を包括的に支援するため、契約書のレビューや管理領域に強みを持つLegalOn Technologiesとリーガルリサーチ・データベース領域に強みを持つLegalscapeはパートナーシップを締結したという。

 今後は、両社の強みを生かし、製品間の相互連携を含む製品開発、運用の支援を検討・実施していく予定だとLegalOn Technologiesはコメントする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]