塩野義製薬、Healthcare as a Serviceのデータ解析基盤にデータクラウドを採用

NO BUDGET

2024-02-29 07:26

 塩野義製薬は、同社が提唱する「HaaS(Healthcare as a Service)」を実現するためのデータ解析基盤として「Snowflake」を採用した。

 HaaSとは、ヘルスケア・社会ニーズの高度化や個別化への期待の高まりを受け、技術革新やデータ活用の促進により、未病、予防、診断、治療、フォローアップの各ステップで最適化されたソリューションを提供することを目指している。

 塩野義製薬はSnowflakeを活用し、データの可視化と高度解析の基盤を構築した。同社は「セントラルデータマネジメント構想」を掲げ、Snowflakeを業務領域横断的な解析用データウェアハウスと位置付けている。

 データベース研究などのエビデンス構築におけるデータ解析では、医療ビッグデータに代表される大規模なヘルスケアデータの高速な処理が不可欠となる。塩野義製薬では、従来のオンプレミス環境からSnowflakeのデータクラウドに移行することで、大規模データの解析にかかる時間を約30〜70%短縮させた。

 これによりデータサイエンティストの思考の中断をなくし、モチベーションの維持に貢献する。また、さまざまなヘルスケアソリューションを多くの人により早く提供できるようになる。

SHIONOGIのセントラルデータマネジメント構想
SHIONOGIのセントラルデータマネジメント構想

 セントラルデータマネジメント構想を踏まえた基盤構築では、「オンプレミスからクラウドへの大規模移行の品質担保」「複雑かつ柔軟な認証認可の実装」「データ管理運用方針の検討」という3つの課題があった。

 そこでSnowflakeは、インテージテクノスフィアと共同で、クラウドへの移行対象の全データ群に対してハッシュ値を用いた検証手法を用いた。データの整合性・妥当性の品質を担保した上で、Snowflakeの最新機能を検証し、今後のデータ管理運用に向けて、より最適なアクセス制御方法を確立した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]