アビーム、高度な企業課題に対応する「AIソーシング」を発表

ZDNET Japan Staff

2024-03-19 13:55

 アビームコンサルティングは3月19日、AIを用いて人的資本経営や調達、不正リスクなどの企業課題への対応を支援する「AIソーシング」サービスを発表した。同日から提供する。

 新サービスは、企業経営での専門的な知見やスキルを必要とする業務を対象にしている。同社の多種多様なプロジェクト実績を基にした課題解決の方法論や分析アルゴリズムを搭載する「ABeam AI Platform」を用いて、重要な課題の特定と解決や目的に沿った最適なAIサービスおよびソリューションの設計・開発、それらの運用プロセスを構築する。従来は人手だけでは対応が困難だった各種課題の解決や価値創出を実現するとしている。

 具体的には、まずヒアリングやワークショップなどで顕在化している影響や原因などの全体像を探り、優先度やインパクトの大きさを加味して、企業が解決を図るべき課題を特定する。次に、データ分析や機械学習などによるアナリティクス基盤を構築して、生成AIや数理最適化、需要予測などのアルゴリズム、多種多様な業務ノウハウ、課題解決ノウハウを蓄積しているモジュールを組み合わせて、企業に最適なAIサービスを設計開発する。これらに機械学習の継続的な開発・運用(MLOps)のフレームワークを用い、AIによる高度な運用を通じて、業務を最適なものにしていくという。

 主な適用例として、人的資本経営では、AIを使って企業の戦略に基づき設定した重要業績達成指標/重要目標達成指標(KPI/KGI)を集計と変化のモニタリングを実施し、人事データを戦略に沿った観点で連携して分析・可視化することにより、人的資本経営に関する施策の評価と立案を推進できる。

 また、調達では、需要予測、生産・調達計画、財務管理などの調達業務をAIにアウトソースする仕組みを構築し、属人的だったあいまいな調達基準をデジタル化で客観的な定量基準にする。不正対策では、会計伝票を中心とした財務データだけでなく非財務データも組み合わせてAIで不正を検知する仕組みを構築、運用する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]