編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ハイパーコンバージドインフラとは?

「オープンメインフレーム」とも言う。オープン系システムは、サーバやストレージ、OS、ミドルウェアなどコンポーネントごとに導入して構築する。自由に選べるというメリットはあるものの、複雑性というデメリットがつきまとっていた。システムの目的や機能、性能にあったものかどうかを事前に検証する必要があり、運用段階でも手間とコストがかかる。そうしたことから、システムとして事前に構築された製品として導入できるというメリットから垂直統合型に注目が集まっている。具体的にオラクルの「Engineered Systems」、IBMの「PureSystems」、VCEの「Vblock」など。日立製作所や富士通などの国内ベンダーも2012年末から投入を始めた。

関連記事

関連ホワイトペーパー

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

  • 顧客が自らの必要に応じてクラウドサービスを購入できるモデルのこと。一例として、あるプロジェクトの... 続きを読む >
  • サーバ仮想化の手法の1つ。ホストOS上で稼働する仮想化ソフトウェアであり、その上で仮想マシンが稼働す... 続きを読む >
  • 「Platform as a Service」の略称。CPUやメモリといったハードウェアを仮想的なリソースとしてユーザー... 続きを読む >
  • サービスを購入したユーザーであれば誰に対してでも、インターネットを通じたサービスの提供を行うクラ... 続きを読む >
  • AWS
    Amazonが提供するパブリッククラウド「Amazon Web Services」のこと。クラウド上のサーバを使った分だけ... 続きを読む >

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]