座談会@ZDNetとは?

ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウド、サイバーセキュリティ、グローバル対応、ブロックチェーンなどさまざま。

関連記事

  • マーケティングは「CEOと取り組むもの」--成果の出しやすいITを:座談会(5)

    マーケティングは「CEOと取り組むもの」--成果の出しやすいITを:座談会(5)

    ビジネスITの世界は変化が激しくなっているが、先日、マーケティング部門へのテクノロジー投資がIT部門のそれを上回ったという発表があった。特にB2Bデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションの導入においても、活発に議論されているという。そこで今回、B2Bハッカーの飯室淳史氏、アクセンチュアの槇隆広氏、2BCの尾花淳氏、KDDIの中東孝夫氏を招き、座談会を開催した。今回は5回目。

  • 銀行で急速に高まるベンチャーマインド、減点主義からの転換--FinTech座談会(2)

    銀行で急速に高まるベンチャーマインド、減点主義からの転換--FinTech座談会(2)

    金融(Finance)とテクノロジ(Technology)の造語であるFinTech。2015年にはメガバンクグループでFinTech専門組織の設立が相次ぎ、FinTech協会も設立された。2016年には金融庁を中心とした法制度の整備が進んだことも記憶に新しい。FinTechに対して、金融の現場ではどのような取り組みがされており、どこに向かっているのか、識者5名が語る。今回は2回目。

  • IoTでビジネスを創るためのテクノロジが整った--IoT座談会(1)

    IoTでビジネスを創るためのテクノロジが整った--IoT座談会(1)

    IoT関連のビジネスを推進している企業が現れ始め、国もその動きを加速させている。これまでIoT関連の事業では、既存のビジネスの「カイゼン」などに重点を置いたものが多かったが、今後、IoTで新しいビジネスを創るには、何が必要なのか。IoT分野で新規事業を推進するために必要な考え方や事例を、新興ベンダーを中心に議論する。今回は1回目。

  • IoTはなぜクラウドと親和性が高いのか--クラウドベンダー座談会(3)

    IoTはなぜクラウドと親和性が高いのか--クラウドベンダー座談会(3)

    IoTも基幹につながるなど、基幹の一部の機能を持つという機能も増えてくるので、うまくいってくると今度は基幹とのつなぎというところでも、「クラウドを使っていこう」となります。

  • IT部門は「完全な運用よりデータ品質の責任を」--B2Bマーケティング座談会(4)

    IT部門は「完全な運用よりデータ品質の責任を」--B2Bマーケティング座談会(4)

    ビジネスITの世界は変化が激しくなっているが、先日、マーケティング部門へのテクノロジー投資がIT部門のそれを上回ったという発表があった。特にB2Bデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションの導入においても、活発に議論されているという。そこで今回、B2Bハッカーの飯室淳史氏、アクセンチュアの槇隆広氏、2BCの尾花淳氏、KDDIの中東孝夫氏にご出席いただき、座談会を開催した。今回は4回目。

  • 3メガバンクが語る「銀行のイノベーション」のかたち--FinTech座談会(1)

    3メガバンクが語る「銀行のイノベーション」のかたち--FinTech座談会(1)

    金融(Finance)とテクノロジ(Technology)の造語であるFinTech。2015年にはメガバンクグループでFinTech専門組織の設立が相次ぎ、FinTech協会も設立された。2016年には金融庁を中心とした法制度の整備が進んだことも記憶に新しい。FinTechに対して、金融の現場ではどのような取り組みがされており、どこに向かっているのか、識者5名が語り合う。今回は1回目。

  • IT部門が知るべき「ABM」の効用--B2Bマーケティング座談会(3)

    IT部門が知るべき「ABM」の効用--B2Bマーケティング座談会(3)

    先日、マーケティング部門へのテクノロジー投資がIT部門のそれを上回ったという発表があった。これに関連し、B2Bデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションの導入などのトピックについて語る座談会。今回は3回目。

  • クラウドに移行しないと「起きてしまう」こと--クラウドベンダー座談会(2)

    クラウドに移行しないと「起きてしまう」こと--クラウドベンダー座談会(2)

    単純な言い方をすれば、クラウドを使わないと作戦、アプローチの種類が減ります。

  • MA導入の「夢」とマスターデータ管理の現実--B2Bマーケティング座談会(2)

    MA導入の「夢」とマスターデータ管理の現実--B2Bマーケティング座談会(2)

    ビジネスITの世界は変化が激しくなっているが、先日、マーケティング部門へのテクノロジ投資がIT部門のそれを上回ったという発表があった。特にB2Bデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションの導入においても、活発に議論されている。このような状況を踏まえ、座談会を開催した。今回は2回目。

  • マーケ予算はIT予算を上回ったのか--B2Bマーケティング座談会(1)

    マーケ予算はIT予算を上回ったのか--B2Bマーケティング座談会(1)

    ビジネスITの世界は変化が激しくなっているが、先日、マーケティング部門へのテクノロジ投資がIT部門のそれを上回ったという発表があった。特にB2Bデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションの導入においても、活発に議論されている。このような状況を踏まえ、座談会を開催した。今回は1回目。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  2. 2 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  3. 3 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  4. 4 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  5. 5 Sapphire Now

    SAPユーザー向け年次イベント。2017年は米フロリダ州オーランドで開催された「Sapphire Now 2017」において、SAPが企業の...(続きを読む)

  6. 6 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  7. 7 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  8. 8 de:code

    日本マイクロソフトが開催する開発者向けの年次カンファレンス。4回目となる2017年は、5月23~24日の2日間にわたり開催され、AIやIoT...(続きを読む)

  9. 9 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  10. 10 企業買収

    ある企業が他社の株を支配的な保有数まで買い占めること。(合意による)友好的な場合もあれば、(合意を伴わない)敵対的な場合もある。...(続きを読む)

注目のキーワード

ビジネスインテリジェンス(BI)
ビジネスに関連する情報を分析、報告、管理、配信する方法論とツール群。アナリティクスで使用されるも...
続きを読む
バックアップ
情報システムにおけるバックアップとは、サーバダウンなどのシステム障害が発生してデータを失ってしま...
続きを読む
仮想アプライアンス
仮想化用語。何らかのアプリケーション(たいていの場合は特定の単一アプリケーション)をホストするう...
続きを読む
Dreamforce
Salesforce.comが毎年秋に開催する年次イベント。2016年は、最高技術責任者(CTO)を務めるParker Harri...
続きを読む
クラウドプロバイダー
クラウドベースのプラットフォームやインフラ、アプリケーション、ストレージサービスを他の組織や個人...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR