座談会@ZDNetとは?

ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウド、サイバーセキュリティ、グローバル対応、ブロックチェーンなどさまざま。

関連記事

  • IoTとシェアリングエコノミーに見る2020--IoT座談会(6)

    IoTとシェアリングエコノミーに見る2020--IoT座談会(6)

    IoT関連のビジネスを推進している企業が現れ始め、国もその動きを加速させている。これまでIoT関連の事業では、既存のビジネスの「カイゼン」などに重点を置いたものが多かったが、今後、IoTで新しいビジネスを創るには、何が必要なのか。IoT分野で新規事業を推進するために必要な考え方や事例を、新興ベンダーを中心に議論する。参加者は以下の5人。今回は最終回。

  • IT部門に「有用なデータを提案してほしい」--IoT座談会(5)

    IT部門に「有用なデータを提案してほしい」--IoT座談会(5)

    IoT関連のビジネスを推進している企業が現れ始め、国もその動きを加速させている。これまでIoT関連の事業では、既存のビジネスの「カイゼン」などに重点を置いたものが多かったが、今後、IoTで新しいビジネスを創るには、何が必要なのか。IoT分野で新規事業を推進するために必要な考え方や事例を、新興ベンダーを中心に議論する。参加者は以下の5人。今回は第5回。

  • FinTech進展のカギはテクノロジより信頼関係:座談会(5)

    FinTech進展のカギはテクノロジより信頼関係:座談会(5)

    金融(Finance)とテクノロジ(Technology)の造語であるFintech。2015年にはメガバンクグループでFintech専門組織の設立が相次ぎ、Fintech協会も設立された。2016年には金融庁を中心とした法制度の整備が進んだことも記憶に新しい。Fintechに対して、金融の現場ではどのような取り組みがされており、どこに向かっているのか、5人の識者が語る。今回は最終回。

  • IoTシステムのアーキテキクチャ--集めたデータの使い方:座談会(4)

    IoTシステムのアーキテキクチャ--集めたデータの使い方:座談会(4)

    IoTで新しいビジネスを創るには、何が必要なのか。IoT分野で新規事業を推進するために必要な考え方や事例を、新興ベンダーを中心に議論する。参加者は以下の5人。今回は第4回。

  • 「ITの巨人たち」に日本の金融市場を破壊されないために--FinTech座談会(4)

    「ITの巨人たち」に日本の金融市場を破壊されないために--FinTech座談会(4)

    金融(Finance)とテクノロジ(Technology)の造語であるFinTech。2015年にはメガバンクグループでFinTech専門組織の設立が相次ぎ、FinTech協会も設立された。2016年には金融庁を中心とした法制度の整備が進んだことも記憶に新しい。FinTechに対して、金融の現場ではどのような取り組みがされており、どこに向かっているのか、識者5名が語る。今回は4回目。

  • IoTビジネスと組織--変革を担う「Day1カンパニー」の条件:座談会(3)

    IoTビジネスと組織--変革を担う「Day1カンパニー」の条件:座談会(3)

     IoT関連のビジネスを推進している企業が現れ始め、国もその動きを加速させている。IoT分野で新規事業を推進するために必要な考え方や事例を、新興ベンダーを中心に議論する。参加者は以下の5人。今回は第3回。

  • 「成果しか売れない時代」の前にできること--B2Bマーケティング座談会(6)

    「成果しか売れない時代」の前にできること--B2Bマーケティング座談会(6)

    ビジネスITの世界は変化が激しくなっているが、先日、マーケティング部門へのテクノロジー投資がIT部門のそれを上回ったという発表があった。特にB2Bデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションの導入においても、活発に議論されているという。そこで今回、B2Bハッカーの飯室淳史氏、アクセンチュアの槇隆広氏、2BCの尾花淳氏、KDDIの中東孝夫氏にご出席いただき、座談会を開催した。今回は最終回。

  • 銀行をデジタル化する人材の条件--FinTech座談会(3)

    銀行をデジタル化する人材の条件--FinTech座談会(3)

    金融(Finance)とテクノロジ(Technology)の造語であるFinTech。2015年にはメガバンクグループでFinTech専門組織の設立が相次ぎ、FinTech協会も設立された。2016年には金融庁を中心とした法制度の整備が進んだことも記憶に新しい。FinTechに対して、金融の現場ではどのような取り組みがされており、どこに向かっているのか、識者5名が語る。今回は3回目。

  • 「アーリーアダプターはもう儲けている」--IoTビジネスの現在:座談会(2)

    「アーリーアダプターはもう儲けている」--IoTビジネスの現在:座談会(2)

    IoT関連のビジネスを推進している企業が現れ始め、国もその動きを加速させている今後、IoTで新しいビジネスを創るには、何が必要なのか。IoT分野で新規事業を推進するために必要な考え方や事例を、新興ベンダーを中心に議論する。今回は第2回。

  • マーケティングは「CEOと取り組むもの」--成果の出しやすいITを:座談会(5)

    マーケティングは「CEOと取り組むもの」--成果の出しやすいITを:座談会(5)

    ビジネスITの世界は変化が激しくなっているが、先日、マーケティング部門へのテクノロジー投資がIT部門のそれを上回ったという発表があった。特にB2Bデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションの導入においても、活発に議論されているという。そこで今回、B2Bハッカーの飯室淳史氏、アクセンチュアの槇隆広氏、2BCの尾花淳氏、KDDIの中東孝夫氏を招き、座談会を開催した。今回は5回目。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 ブロックチェーン

     ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された...(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  7. 7 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  8. 8 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  9. 9 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  10. 10 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

注目のキーワード

第三者割当増資
IPOした企業が新たな株を一般に発行すること。創業者が辞任したり、降格を希望している場合に起こること...
続きを読む
バーンダウンチャート
イテレーション単位でプロジェクトの時間と残り作業量をグラフ化した...
続きを読む
作業分解図(Work Breakdown Structure、WBS)
プロジェクト管理用語。プロジェクト中にプロジェクトチームが完成させる主要な成果物のリストのこと。W...
続きを読む
クラウドソーシング
インターネットを使って不特定多数の人(crowd)に業務を委託するアウトソーシングの形態。コミュニティ...
続きを読む
SFA
Sales Force Automationの略。ソフトウェアを利用して、企業が営業活動を効率化すること。顧客リストや...
続きを読む

キーワード解説とは