情報系/Web2.0システムに導入され始めた--NECのSpikeSource連携ソリューション

梅田正隆(ロビンソン) 2008年03月10日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回まで、基幹系システムを対象としたNECのエンタープライズOSSソリューションにフォーカスしてきたが、今回は視点を変えて、基幹系システムの下のレイヤである情報系/Web 2.0システムを対象とした「SpikeSource連携ソリューション」について紹介しよう。すでに同ソリューションを活用した興味深いケースが、いくつか出てきているからだ。

注目アプリケーションを続々認定

 SpikeSourceコアスタックについては、特集レポート“OSS導入の切り札「SpikeSourceコアスタック」の真価に迫る”に詳しい解説があるため、ここでは簡単な説明に留めよう。

 まず「SpikeSourceコアスタック」とは、ApacheやTomcat、PostgreSQLやMySQLなど代表的なOSSコンポーネントを組み合わせ、独自の検証システムによって動作検証を行うとともに、独自のインストーラとアップデート管理ツールを合わせて提供するものだ。もちろんすべてのコンポーネントはサポート付き。アップデートについても検証済みの情報を提供する。

 次に「SpikeSource連携ソリューション」とは、国内で売れ筋あるいは注目度が高いOSSアプリケーションをSpikeSourceコアスタック上で動作検証し、アプリケーションと基盤とを組み合わせて提供するものだ。単一アプリケーションによるターンキーシステムとして提供する「シングルタイプソリューション」と、複数のアプリケーションを組み合わせ、付加機能を追加した「スィートタイプソリューション」がある。

 SpikeSource連携ソリューションで提供される認定アプリケーションとしては、SNSの「OpenPNE」、ブログの「Movable Type」、Wikiの「Confluence」などWeb 2.0システム系アプリケーションや、CRMの「SugarCRM」、CMSの「Alfresco」と「XOOPS」、EIPの「U・NEO」といった情報系アプリケーション、さらにはオンラインストレージシステムの「WebFile」などがある。

SpikeSource連携ソリューションのイメージと認定アプリケーション一覧

SpikeSource連携ソリューションのイメージと認定アプリケーション一覧

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算