デル、HDD非搭載の企業向けデスクトップPCで情報漏えいを防止

ニューズフロント

2005-05-25 15:40

 デルは5月25日、企業向けデスクトップPC製品系列「OptiPlex」の新製品として、情報漏えいを防ぐハードディスク(HDD)非搭載モデルの販売を6月2日に開始すると発表した。HDD非搭載OptiPlexを活用するためのソリューション「Dell ThinPC Solution」の提供も同時に始める。

 HDD非搭載モデルは、情報セキュリティ強化を図る同社のコンセプト「Dell ThinPC」に基づく製品。クライアントPC本体にデータを保存できないので、データ流出を未然に防止できる。

 シンクライアントやブレードPCなどで用いられる専用端末と違い、Dell ThinPCはHDD非搭載であることを除くとほかのOptiPlex製品と変わらない。そのため、通常のPCと同等の使用環境を提供し、エンドユーザーの生産性に影響を与えることなく、セキュリティレベルを飛躍的に高められるという。

 Windowsやインテル製プロセッサといった業界標準技術を採用しており、ユーザーを特定企業のプラットフォームに縛ることがない。後日HDDを追加すれば通常のPCと同じ構成になるので、将来の転用、再配置にも柔軟に対応できる。

 また、Dell ThinPC Solutionでは、クライアントPCで記憶媒体の利用を禁止して情報漏えいを防ぐほか、USBなど各端末のデータポートをサーバから一元管理し、情報漏えい対策を強化する。

 OptiPlex HDD非搭載モデルの構成例と税込み価格は以下の通り。

  • 筐体:省スペース型BTX準拠モデル
  • プロセッサ:インテルPentium4(動作周波数3.0GHz)
  • メモリ:512MB DDR2 533(最大4GB)
  • ネットワーク:オンボードGigabit Ether(10/100/1000 LOM)
  • ビデオ:フルカラーで最大1900×1200ピクセル、デュアルモニタ対応
  • 販売予定価格:7万9000円

デル

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]