編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日立電子サービスが日立OPSSと合併--IT基盤の導入SIから保守運用まで1社で提供

日川佳三(編集部)

2005-07-22 14:35

 日立製作所は7月22日、情報システムのサポートサービス事業を強化するため、同社の100%子会社である日立電子サービスと日立オープンプラットフォームソリューションズを、日立電子サービスを存続会社として10月1日付で合併することを明らかにした。日立電子サービスの資本金、本社所在地、代表取締役社長に変更はない。

 全国310カ所のサービス拠点と約4200人の従業員を抱える日立電子サービスは、情報システムの保守・運用サービスを提供する企業である。一方の日立オープンプラットフォームソリューションズは約300人の従業員を抱えるSIサービス企業で、Unix機やOracleといったオープン系製品の技術支援などシステム基盤の設計構築とサポートを柱とする。

 両社をまとめることで、システム構築プロジェクト全体を通して、システム基盤の導入コンサルティングから保守・運用までを1社で一貫して提供できる体制が整う。日立製作所が挙げている合併後の事業内容は統合サポートサービス事業であり、(1)ハードウェア/ソフトウェアの保守サービス事業、(2)運用サービス事業、(3)コンストラクション事業、(4)プラットフォームエンジニアリング事業、(5)オープンプロダクトの調達・販売事業で構成する。

 合併する2社の資本金は、日立電子サービスが50億円、日立オープンプラットフォームソリューションズが3億円。2005年3月末時点での従業員数は、日立電子サービスが4184人、日立オープンプラットフォームソリューションズが299人。10月1日以降の新生日立電子サービスの資本金は50億円、従業員数は約4500人。代表取締役社長は存続会社である日立電子サービス社長の百瀬次生氏。

日立電子サービス

日立オープンプラットフォームソリューションズ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]