編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「個人向けのリムーバブルメディアはなくなる可能性がある」--アイオメガCEOが指摘

田中好伸(編集部)

2005-11-14 21:06

 ストレージ関連のアイオメガは11月14日、同社の市場戦略や商品展開などを説明した。説明の中で米Iomegaで最高経営責任者(CEO)を務めるWerner Heid氏は「個人・SOHO向けの分野で、リムーバブルメディアは今後使われなくなる可能性がある」との見方を明らかにした。

 日本法人のアイオメガを含むIomegaは現在、個人やSOHOを対象にNASのほかに「REV」と呼ばれるリムーバブルメディア製品を中心に展開している。

200
「オフラインでデータを保存したいという業界は確実に存在する」IomegaでCEOを務めるWerner Heid氏

 NASでは、160G〜250Gバイトのデスクトップ型、500G〜1テラバイトのミニタワー型、240G〜1.6テラバイトのラックマウント型を展開。REVは、ハードディスク技術をベースにしたリムーバブルメディアであり、35Gバイトと90Gバイトの2種類があり、ハードディスクドライブと同等の反応速度で利用できる。

 Iomegaでは今後、サーバやPCのバックアップ、アーカイブで既存のテープからの置き換えとしてREVを推進していく。またハイエンド・ワークステーションでの大容量データのバックアップ、アーカイブでの利用も働きかけていく。

200
「REVの知名度を上げたい」欧州・アジア太平洋地域副社長のUlrike Tegtmeier氏

 REVについては、今後利用が有望視される分野として放送業界、監視ビデオでの記録映像のバックアップ、医療機関でのデータ蓄積などとしている。Heid氏は「放送機器メーカーのグラスバレーが記録媒体としてREVを採用している」と説明している。

 「日本IBMのeServer xSeries 206がオプションのバックアップ装置としてREVドライブを採用している。また東芝情報機器のMAGNIAサーバもオプションのバックアップ装置として、REVドライブを採用している。今後も日本市場でREVドライブの認知度を高めるとともに、バックアップ用途などでサーバに組み込んでいきたい」(Iomegaで欧州・アジア太平洋地域担当副社長を務めるUlrike Tegtmeier氏)

 Heid氏は、今後の商品展開について「個人やSOHO向けでは、デジタルコンテンツを管理するためのミドルウェア製品を7〜9ヶ月後に市場投入したい」と説明。またREVドライブの次世代商品として「NASとの連携を視野に入れたREVを開発していく」との見通しを明らかにしている。

 リムーバブルメディアの今後についてHeid氏は「個人・SOHO向けでは、ネットワークにつながるストレージの拡大により、リムーバブルメディア市場が縮小している」との現状認識を明らかにした。「リムーバブルメディアが使われなくなる可能性を想定して、今後はネットワークにつながるストレージに力を入れていきたい」としている。

 しかし、Heid氏は「医療や放送などの業界では、ネットワークにつながらない、オフラインの状態でデータを安全に保存したいとの要求もあり、リムーバブルメディアが完全になくなることはあり得ない」との見通しも明らかにしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]