編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

2005年第3四半期の携帯電話出荷、シャープが首位に--IDC Japan調べ

CNET Japan Staff

2005-11-30 08:04

 IT専門調査会社のIDC Japanは11月29日、2005年第3四半期における国内携帯電話市場規模と、同市場の今後の見通しを発表した。

 この調査によると、2005年第3四半期の国内携帯電話端末出荷台数は、対前年同期比7.2%減の1027万台。同年第2四半期から2期連続してマイナス成長となった。その主な要因としてIDCは、製品差別化、デザイン面の優位性を明確に打ち出し、かつ需要全体を牽引する際立ったヒット端末が登場せず、需要全体が伸び悩んでいること、通信事業者間で、一部端末調達戦略の見直しが実施され、その数量の絞り込みの影響から需要が縮小傾向に向かったこと、などと分析している。

 同四半期における端末ベンダーのシェアでは、シャープが首位に躍り出た。強いブランド力や、NTTドコモとボーダフォン向けの3G端末を中心に、安定的に新規端末を連続投入していることが躍進のベースとなった。

 一方、第2位から第4位までのシェアは混戦状態。前回3位のNECが順位をひとつ上げて2位になり、前回4位の東芝は、au/KDDI向けに人気端末を連続出荷しながら好調を維持して3位となった。なお、前回首位のパナソニック・モバイルは、2005年前半の勢いを維持できず、出荷数量が大きく落ち込み4位に転落した。

 方式別による出荷台数推移では、従来通り3Gシフトが進んでおり、ドコモ向けFOMA、au/KDDI向け(CDMA1x、EV-DO)そしてボーダフォン向け3G(W-CDMA)を合わせた国内携帯電話の3G端末出荷占有率は79.7%まで上昇。IDCは、今後もこの占有率が上昇し、2005年第4四半期には90パーセント前後にまで拡大する可能性が高いとの見通しを示している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]