編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JPRS、トラフィック乗っ取りなど危険性の高いDNSサーバー設定を削除

WebBCN (BCN)

2005-12-06 11:40

 日本レジストリサービス(JPRS、東田幸樹社長)は、管理権限を第三者が取得する危険性のあるDNSサーバー設定の削除を06年1月から実施すると発表した。DNSサーバーの不適切な管理による危険性を解消するために行うもの。

 今回の措置では、DNSサーバーとして使用していたホスト名がドメイン名の廃止後もDNSサーバーとしてレジストリに登録したままであることが原因で、DNSサーバーが属するドメイン名の管理権限を第三者が取得し、本来のサイトとは異なるサイトに誘導できる危険性を低減させる効果が期待できる。

 同社は、この問題がインターネット全体の健全性確保にとって重要かつ緊急な問題であるとして、6月29日から一般を対象とした注意喚起を、8月4日からは該当する登録者や指定事業者を対象に、当該DNSサーバーの登録削除など適切なDNSサーバー運用の依頼を行ってきた。その結果、危険性のあるドメイン名は減少したが、不適切なDNS設定はドメイン名の廃止などにより新たに発生するため、レジストリとして根本的な解決策が必要と判断。DNSサーバー設定としてすでに機能していないものを削除する。

 なお同社では「JP以外のドメイン名を使用したDNSサーバー設定や、廃止されたドメイン名がすでに第三者に登録されているなど、今回の措置で対応できない危険性も存在するため、DNSサーバー管理者による適切な管理・運用の継続が、インターネット全体の健全性のためには必要となる」と呼びかけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]