ガートナー、2010年には世界全体のRFID支出が30億ドルを超えると予測

エースラッシュ

2005-12-19 17:47

 ガートナー ジャパンは12月19日、2006年後半から2007年にかけてRFID関連のハード・ソフトウェアに対する支出が大幅に伸びるとの予測を発表した。

 今回の予測は、世界規模でIT関連のリサーチおよび戦略的分析・コンサルティングを行っている米Gartnerが、12月13日付けで発表したもの。これによると、世界全体のRFIDに対する支出は2005年で5億400万ドル、前年比39%増となる見込みだ。さらに幅広い業種でビジネス価値に重点を置いた企業による導入が進み、2006年末には世界での新規ライセンス売り上げが7億5100万ドルに到達、2010年には世界全体のRFID支出が30億ドルを超えるという。

 同社は予測の中で、企業が個々のビジネス・プロセスに応じて適切なデータ収集技術を適用することにより、今後もRFIDとバーコードは共存していくと示唆。RFIDの普及に最も大きな機会が見込まれるのは小売り/航空宇宙/防衛など、また医療/物流/製薬などではRFIDの導入スピードが速いだろうとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]