編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

インフォマティカ・ジャパン、Informatica PowerExchange日本語版を出荷

CNET Japan Staff

2005-12-22 21:14

 インフォマティカ・ジャパンは12月21日、「Informatica PowerExchange」日本語版の出荷を同日より開始したと発表した。

 PowerExchangeは、メインフレームシステムに対するバッチ、変更(Change/CDC)、およびリアルタイムのオンデマンド・アクセス機能を提供するソフトウェア。暗号化技術とアクセスログの管理でデータの整合性を保証し、ネットワークの機能停止によるプロジェクトリスクを低減できる。処理が中断したプロセスを識別し、即時にセッションを再開するリカバリオプションも搭載している。

 また、同社のデータ統合プラットフォーム「PowerCenter」と組み合わせて利用することで、メインフレームに蓄積されているデータも利用できる統合的なエンタープライズデータ環境を構築可能だ。

 PowerExchangeは、メインフレーム(IBM OS/390、z/OS)環境内で稼動する。フラットファイル、VSAM(KSDS)、IBM DB2をサポートする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]