編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

CA、アプリケーション管理ソフトウェア企業Wilyを買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部)

2006-01-06 17:46

 IT管理ソフトウェアベンダーのComputer Associates International(CA)は米国時間5日、アプリケーション管理ソフトウェアを提供するWily Technologyを3億7500万ドルの現金で買収する計画であることを明らかにした。

 CAはWilyを買収した後、Enterprise Systems Management事業部の下でWilyの事業を進める計画だ。CAは、買収完了後30日以内に製品統合のためのロードマップを明らかにするとしている。買収は3カ月以内に完了の見込みという。

 非公開企業のWilyは、カリフォルニア州ブリスベーンに本拠地を持ち、アプリケーションの遅延やダウンを検出および診断するアプリケーション管理ソフトウェアを提供する。同社の技術は、世界450以上の企業や政府機関に導入されているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]