ブルーコート、新規有害サイトを自動ブロックするURLフィルタリング製品を販売開始

ニューズフロント

2006-01-12 15:26

 ブルーコートシステムズは1月12日、新規ウェブサイトを自動的に検出、分類し、ユーザー設定にあわせてブロックするURLフィルタリング製品「Blue Coat Web Filter」を、同日より販売開始すると発表した。同社のプロキシアプライアンス「Proxy SG」シリーズに搭載され、ASP形式で提供する。

 同社によると、一般的なURLフィルタリング製品では、新たなウェブサイトが出現するごとに、人間が個別にその有害性を判断、分類し、データベースを更新する必要がある。

 新製品では新たに出現したウェブサイトを自動的に検知。既存のデータベースをもとに、ウェブサイトに含まれる単語やリンク情報から有害性を判断、分類し、データベースを自動更新する機能を備える。

 ウェブサイトの分類にかかる時間は200ミリ秒以下。「人手を介するサービスに比べ圧倒的短時間での分類を可能にした」(同社)とする。登録ウェブサイト数は現在900万件。50種の言語をサポートし、1日あたり6000件以上のウェブサイトを検知、分類しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
セキュリティ

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]