ソフトビジネスに変化の兆し--商用ベンダー各社、無料製品でオープンソース勢に対抗

文:Martin LaMonica(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年02月01日 12時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsのバイスプレジデント兼フェローであるJames Goslingはかつて、一般的なソフトウェア開発者はツールよりカフェラテに金をかけていると皮肉を言ったことがある。

 Goslingがそんな冗談を飛ばしてから2年が経ったが、ソフトウェア開発者がカフェインを摂取するのにつぎ込む金銭的な余裕は、以前より増えているようだ。

 さまざまなソフトウェア分野で、無料のエントリーレベル製品を提供することがにわかに慣例化しつつある。こうした傾向はプログラミングツールにおいて特に顕著で、無料で入手できる製品は実に数十万種にも及んでいる。

 IBMは米国時間1月30日、ソフトウェア開発者に狙いを定めた無料のデータベース製品「DB2 Express-C」をリリースした。DB2 Express-Cは同社の商用製品の簡易版で、2プロセッササーバにのみ搭載できる。

 最近ではOracleおよびMicrosoftも無料製品を発表して、「MySQL」や「PostgreSQL」などの自由にダウンロードできる既存製品がひしめくオープンソースデータベース分野に参入した。

 Oracle、IBM、Microsoftという企業向けデータベースプロバイダの三巨頭のこうした動きは、ソフトウェアビジネスの経済的側面に生じている変化を反映したものだ。無料のオープンソース製品が登場したことで、ソフトウェアビジネスにおける有力ベンダーはその事業方針の見直しを迫られていると、アナリストやソフトウェア企業の幹部らは指摘している。

 RedMonkのアナリストStephen O'Gradyは、「信頼性の高い無料のオープンソース製品を相手に競争を繰り広げている商用ベンダーは、ユーザーが製品を利用する際のハードルを低くしていかねばならないという大きなプレッシャーを受けるようになっている」と述べた。

 アナリストや企業幹部によると、データベースサーバを含むプログラミング関連ソフトウェアアプリケーション分野の大半で、こうした状況が見られるという。データベースサーバは企業向けアプリケーションの根幹となるもので、非常に高額であることも多い。だが、企業の選択肢に無料製品が入るようになり、ビジネスによい影響がもたらされていると、ソフトウェア企業の幹部は話している。

 IBM、Oracle、Microsoftは、開発者の関心をオープンソース製品から自社製品に向けさせるために、データベース製品の無料版をリリースしていると、企業幹部らは言う。またこうした取り組みは、3社の顧客基盤を拡大させる可能性もはらんでいる。

 IBMでデータサーバ部門ディレクターを務めるBernie Spangは、「無料のオープンソースデータベースサーバを提供している企業は、コストが高いためそれまで利用を諦めていた開発者やソリューションプロバイダーに対し、そうした製品が大きな可能性を秘めていることを示す方法でサービスを展開してきた」と述べている。

 Spangは、DB2が無料化されたことで、同データベース上で利用できるアプリケーションが多数開発されるようになるだろうと話した。IBMは、よりハイエンドなバージョンを販売することで利益を得ている。だが同時に、無料製品の提供によって、サードパーティのソフトウェア企業やコンサルタントが、同データベースやアプリケーションサーバなどのその他のコンポーネントを含むIBMのインフラストラクチャソフトウェアの全製品ラインを、アプリケーション開発における標準とするようになるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化